今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

マリアージュ 2014/10/14 by 株式会社モトックス やまくみ家、ちねる。

ごぶさたしてました。  

暑さにかまけ、
文章も書かずに
ほんげー、としていたら
気付けば、虫の音が
聞こえる季節に
なっとりました。

やまくみです。

ちねり、なぞしてみることに。    

ぼー、っとしていても
腹は空くので、
かすかな記憶をたどって
『ちねり』
作業をしてみる事に。

あっ、ちねり、ですか?
生パスタづくりもどき、です(笑)

まずは、ネットで調べて、
材料を用意し、そろーっと
混ぜていく。

ぬぉー。
ボールの角度がありすぎて
何か混ぜにくい。

気にするなっ。
で、まとまった生地を
掌底で捏ね上げる。

で、できた~。
なんか、怪しいけど。
それを冷蔵庫で寝かせて~。

さて、ここからはジュニア達も参加。

寝かせた生地を、
子供達とちねる。

ひたすら、ちねる。

これが、なんか癒される。
ちねり療法、ってあるかも
しれない。

最初は、
『オレキエッテぇ~』
とか、
『フジッリぃ~』
とか、やっていたが、

もうパスタがソースに
絡みさえしたら、
何でもいいじゃないか、
という気になってきて。

ほんっとに適当。

そして、最後は、
ほとんどが、うどん形状(笑)
でも、表面がうどんよりも
波打ってるから、
きっとソースとは
絡みやすいはず。

茹で上がるの、はやい、はやい。    

で、食べる直前に鍋で
茹でましたが、早い、早い。

ネットにも2分位、浮いてきたらOK、
って書いてあったんだけど、
くっつかないように、ばらばらと
入れている間に、最初の子が
浮いて来ちゃう。

入れないといけないわ、
すくわないといけないわ、
で、いそがしー。

ふー。
出来ましたよ。

ソースはトマトソースと
ジェノベーゼソースの
2種類にしてみました。
さあ、食べよう。 

うん、よいよい~。

もっちもちだし、
不器用な形成のお蔭で
ソースが良くからんでるー。

ちなみに、パスタには
生パスタ、乾燥パスタがあるわけで。

日本の家庭に普及しているのは
一般的に乾燥パスタですが、

イタリア北部では生パスタ、
南部では、乾燥パスタが主流、
らしいですね。

でも、この現代においては
北部の家庭も、平日は
乾燥パスタが多いのでは?
と思ったり。

で、イタリア北部が生パスタ~、
とか言ってみましたが、

今日は、何にも考えずに、
イタリア南部の、プーリア州
のワインを開けましたw

んー、よいよい~。

投稿者

やまくみ

地方在住の主婦、やまくみ。

小さい子供もいるので、もっぱら“うち飲み”派。

料理はまだまだ初心者です。

日常、ワインを楽しんでいる中でのちっちゃーい話をお届け致します。