今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

  • ワインを楽しむ基礎知識

コツは洗わないこと?!家庭でワイングラスのメンテナンス法

3つのコツであなたのグラスはいつもピカピカ!

綺麗に使えばグラスは一生もの。

ワイングラスの正しい洗い方がわからずに、いつの間にかガラスの輝きがなくなってしまった・・・という苦い経験はありませんか?

プロがお店でやっているグラスの洗い方テクニックの中から、ツボのところだけをかいつまんで、お家でできるメンテナンス方法をまとめました。筆者が長年実践しているのでその効果は実証済です!

ビール、日本酒などワイングラス以外にも使える(ビールは泡もちの良い状態がずっと続きます!)ので、どうぞご参考ください。


メンテナンスを怠ると・・・

家庭でグラスが汚れてしまう原因は、

①水道水の拭き残し
②ガラスについてしまったひっかき傷
③油汚れ
④洗剤の流し残し

が多いです。
これらのダメージをグラスに与えてしまうと、リカバリーがすごく(!)大変です。少しの手間で回避できますので、3つのコツを覚えておきましょう。ちょっと手間ですが、これを実践すればグラスはずっと綺麗なままですよ。


こうなってしまう前に。

コツ①「洗わない」こと!

「すぐに拭かないくらいなら、洗わない方がマシ」という意味です。

ワインを飲んで気持ちよくなっていると、グラスを洗うのはツイツイ面倒くさくなってしまうもの。そんな夜は、そのままぐっすり寝てしまうのがおすすめです!

グラスなんて洗わず放置しちゃいましょう。洗って拭かずに寝てしまうのが、グラスにとって最も致命的なダメージです。それに、酔って手を滑らせてグラスを割って、、、となると、元も子もありませんね。翌朝起きてから昨日のことを思い出しながら洗えばいいんです。それよりも、すぐに拭き上げることが大切です。

グラスの中にワインが残っていても、放置してグラスが傷むことはありませんのでご安心を。逆に洗って水分を拭きとらずに放置すると、グラスに白い水跡が残ってしまいます。これは主に水道水の成分が固まったものですが、これを取り除くのはかなり面倒。洗ったらすぐに拭く、これが鉄則です。


コツ②「スポンジを分ける」

では次に洗い方のコツです。

グラスの最大の敵は、実はザラザラのついたスポンジ。なので柔らかいスポンジ部分を使って洗うようにしましょう。ザラザラ面で擦ると、グラスに無数の見えない小さな傷がつきます。この傷に汚れが入ると、グラスは曇ってしまい、修復はできなくなってしまいます。

次に大切なのは、食器用とグラス用のスポンジを分けることです。ちょっと面倒ではありますが、これ大事!その理由は油汚れです。食器を洗うスポンジには、どんなにきれいに使っていても必ず油がついています。その油が先ほどのグラスの傷に入ってガラスを曇らせるんですね。だからグラス用にスポンジを一つ用意しましょう。


ここで、グラス用のスポンジを手軽にゲットする方法を。

写真のようなネットに入ったスポンジ、見かけませんか?私の家の近所ではコンビニで5個100円くらいでした。まわりの白いネットをハサミでチョキチョキ。中身のスポンジだけを使います。リーズナブルだし汚れたら気軽に交換できるのでとっても便利ですよ。

「ザラザラを使わない・グラス用のスポンジを使う」、この方法なら簡単でしょ?


コツ③「ふきんを分ける」

グラスを拭き上げるのには、繊維片がグラスに残らないグラス専用のトーションが理想的ですが、そこは妥協して大丈夫です。それより大切なことはスポンジと同様、「ふきんを食器用と分ける」ことです。

お皿を拭くふきんにはやはり油分がついてしまうので、グラス用の布を食器用と分けて準備しておきましょう。スーパーに売られている布地の「ふきん」で十分。グラスに傷をつけないように柔らかく、吸水性のある生地を選んでください。


日東紡のふきんが、筆者のおすすめ。

まとめ

最後まで読んでくださりありがとうございます。一つ言い忘れたのですが、洗剤は台所用中性洗剤なら何でもOKですよ。とくにこだわらなくて大丈夫。

■すぐ拭かないなら洗わない
■柔らかいスポンジ使う。お皿用と分けて
■高価なトーションじゃなくても大丈夫。でも必ずお皿用と分けて

この3つを実践していつまでも綺麗なグラスでワインを楽しんでくださいね。