今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

ワインのある生活 2017/01/06 by 株式会社モトックス フランスで活躍する日本人シェフvol.2「KEI」(前編)
パリ マレ地区の路地に佇む日本人シェフのお店「KEI」。レストランレポート第2弾です!

第2回目は「Restaurant KEI」をご紹介

前回の「TOYO」に引き続き、世界で活躍する日本人シェフの店、
「Restaurant KEI」をご紹介いたします。

Restaurant KEI

パリ、マレ地区の路地に佇むレストランで、
一歩店内にはいると「シック」
という言葉がぴったりと当てはまる内装です。

シェフを初めて知ったのは、日曜日のお昼に放映される料理番組を
スイスの自宅で偶然見ていた時でした。
司会者のプティルノー氏が、フランス各地を旅し、
そこのシェフや食材、ワインのサプライヤーを訪問しながら、
お料理を紹介する番組で、ステラマリスの吉野シェフの後に、
パリで活躍する日本人シェフとして紹介されていました。
日本人にしては珍しく、短い金髪のシェフの顔がとても印象に残り、
一度お会いしてみたいな、食事をしてみたいな、と思ったのでした。

まずはアミューズから

席に着くと、アミューズが何品か運ばれてきます。

●赤紫蘇のグラニテ(シャーベット状の氷菓)
●アサリ
●グジェール(シューの皮)
●オニオンとサーディンのタルト

グラニテは甘酸っぱく清涼感があり、
アサリは若干のヨード感を残しつつ、
グジェールはブルゴーニュのそれと比べてはるかに軽く、
タルトレットの玉ねぎのクリームは口溶けよく、
サーディンで一気に引き締める味わい。

アスパラガス、イラクサ、アンチョビ

季節の野菜であるアスパラガスはグリーンとホワイトの両方。
そこにアンチョビの塩気、隠し味にポン酢ジュレが入っています。
この時期ならではの、グリーンピースも大粒で味が濃い!

スペシャリテ!

KEIでのスペシャリテ、シグナチャー(看板)の料理であるサラダ。

見た目が華やかで、あらゆるベビーリーフや食感の異なる
野菜が隠れていて、サービスされる際に、
「すべてかき混ぜてお召し上がりください」と言われます。

初めてKEI を訪れた2014年、混ぜるのを躊躇って、
順番に食べたっけ(笑)。


酸味、甘味、辛味に香ばしさのある泡のドレッシングは
やっぱり混ぜないといけませんね。
口に運ぶたびにあらゆる野菜の味わいと食感が楽しめ、
中にはダイス状のサーモンが隠れています。


『後編』に続く

投稿者

Midorina

「マダム・みどり」こと、Midorina 。
フランスワインとフランス料理をこよなく愛すが、実は隠れイタリア好き!?
フランス人の夫と、陰陽師の名を持つ息子とスイスのローザンヌで3人暮らし。
フランスのコート・ダジュールに在住していた時に、ワインとガストロノミーにハマり、ついに料理教室を 開いてしまう。
ボルドーを除くフランスワインの現地スタッフとして活躍中。