WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

マガジンを読む

ワインのある生活 2017/08/06 by Wine-Link 「船橋スパークリングフェス」で、店自慢の料理と厳選された泡のペアリングを楽しもう! オススメ店5選
JR総武線や京成線など様々な路線が通っており、都心へのアクセスが便利な街、船橋。大型ショッピングセンターもあり、ベットタウンとしても人気です。船橋では、8月31日(木)までの期間中「船橋スパークリングフェス」が開催され、参加店ではお得なペアリングが提供されています。その中から、オススメのお店を紹介したいと思います。

大切な人の記念日にも! 様々なシーンに合わせ訪れたいイタリアンレストラン

船橋駅から徒歩3分。路地裏にひっそりと店を構える「2Leoni」。モダンな雰囲気が漂う店内には、ワイン専用貯蔵庫が完備され、厳選されたワインを常時80種類、グラスは30種類ほど取り揃えています。普段、コースで提供されるメニューをアラカルトで楽しむこともできるので、友人や家族と気軽にワインを楽しんだり、大人数でパーティーを楽しんだりと、いろいろな使い方ができるお店です。
ワインとの相性が良く、人気があるという「トリッパの煮込み 2Leoni風オーブン焼き」は、日本でいう「モツ煮込み」のような料理。使用する和牛モツは、皮に脂が乗っていて、旨みがあるのにクセが無いのが特徴です。トリッパ(モツ)は、一度煮込んだ物をオーブンで加熱することで、やわらかすぎず、硬すぎない絶妙な仕上がりに。セロリやにんじんなどの香味野菜も一度ソテーすることで、煮込んでもしっかりと歯ごたえが残るよう計算されています。赤ワインとも合いますが、隠し味に白ワインを使っているため、辛みの強い白ワインとの相性も抜群です。
「スパークリングフェス」用に選んだのは、程よい酸味と甘みを感じる「カポナータ」と、チリ屈指の名門が生み出した、フレッシュなライムや青りんごのアロマを感じる、辛口のスパークリングワイン「バルディ ビエソ エクストラブリュット」のペアリング。
「2Leoni」では、誕生日などの記念日にデザートプレートをサービス。(事前に予約が必要です。)フワフワな自家製のティラミスなど、全9品の盛り合わせです。大切な人へのサプライズとして、利用してみてはいかがでしょう?

<2Leoni (ドゥエレオーニ)>
住所:千葉県船橋市本町5-7-7
最寄駅:船橋駅徒歩3分

詳細はこちら↓

特製窯で焼き上げるピッツァが魅力! リゾート気分を味わえるレストラン

船橋駅から徒歩3分。住宅街に囲まれた場所にある「Pizzeria347」。店内は、白を基調とした南イタリアを彷彿とさせる造りになっており、喧騒を忘れ、ゆったりとくつろきながら食事を楽しめるお店です。人気のテラス席には心地良い風が流れ込み、ランチとディナーではまた違った雰囲気を味わえます。
お店のイチオシは、特製のピッツァ窯で焼いたピッツァ。「ガンベレッティ・エ・リモーネ」は、モチモチとしたピザ生地の上に、サクサクに揚げたエビと、オリーブ、パプリカ、ミニトマト、きゅうり、水菜、レタスとレモンのスライスが乗った、サラダ感覚でいただけるピッツァです。「スパークリングフェス」には、ピノ・ビアンコ種とシャルドネ種を用いた、スッキリとした味わいの辛口のスパークリングワイン「ピノ シャルドネ スプマンテ」とのペアリングを提供。
お店ではパスタにも力を入れており、オススメは「ヴィスヴオ兎のラグーバジリコのジェノヴェーゼソース」。しっかりとした歯ごたえを楽しめる、ショートパスタを使ったメニューです。兎の肉は、臭みがほとんど無いので食べやすく、鶏のササミと似たような触感があります。果実味のある力強い赤ワインもしくは、辛口のすっきりとした白ワインと合わせて食べたい一品。

席間隔が広く、空間を贅沢に使っているため、デートや、女子会、ママ友との食事会など、プライベートなシーンにも大活躍してくれそうです!

<Pizzeria 347>
住所:千葉県船橋市本町7-10-2 ユニマットガーデンスクエア 2F
最寄駅:JR総武線 船橋駅徒歩3分

詳細はこちら↓

女性一人でも過ごしやすいアジア系ダイニングバー

船橋駅から徒歩2分という好立地な場所にある、「Dining bar SAHARA」。一歩店内へ入ると、アジアンリゾートを感じる落ち着いた空間が広がっています。女性も多く来店するそうで、23時近くに一人でふらっと立ち寄る人もいるのだそう。

ワインは、スパイシーな料理に合う軽めのものを多く扱い、赤、白合わせると15~16種類ほど。バーもあるので、ワインを使ったカクテルも楽しめます。
白ワインに合わせるなら「トマトとクリームチーズのジュレマリネ」がオススメ。ライチの甘さとバルサミコ酢の酸味が絶妙にマッチし、一口ごとに違った味わいを感じる一品です。今回は、フランス産のミネラル分を含む優美な白ワイン「メルキュレ」をセレクト。赤ワインなら「自家製サイウアソーセージ」や「ベトナム風スペアリブ」がよく合います。
「スパークリングフェス」用のメニューとして提供しているのは、女性に人気だという「エビとアボカドのスイートチリソース」と、チリ産の「バルディビエソブリュット」のペアリング。「バルディビエソブリュット」は、シャルドネとピノ・ノワールを贅沢に使用した、完熟果実の力強さと洗練された酸が絶妙な味わいのスパークリングワインです。

本格なアジア料理が苦手だという人向けに、食べやすくアレンジされた創作アジア料理も提供されています。300円のタパスもあるので、軽く1杯お酒を楽しみたいときにも気軽に利用できそうです。

<Dining bar SAHARA>
住所:千葉県 船橋市本町4-5-15
最寄駅:JR 船橋駅 徒歩2分

詳細はこちら↓

おいしい野菜を堪能できるダイニングバー

船橋駅から徒歩5分。「Farmer’s Bar Spice」は、オーナーが自家農園で栽培した、採れたての無農薬野菜を楽しめるお店です。野菜は「アクアポニックス」という、水産養殖と水耕栽培を掛け合わせた、新しい農業で作られています。この「アクアポニックス」は、魚と植物を一つのシステムで育てた、農薬、化学肥料を使用しない、自然の力を生かした地球環境に優しい循環型農業です。

店では、オーナーの厳選した世界各国のおいしいワインを、リーズナブルにお楽しみいただけます。
「スパークリングフェス」用のメニューとして選んだのは、今、大人気のパワーサラダ(ハーフサイズ)。このサラダは、レタス、水菜、スイスチャード、ほうれん草、ケール、小松菜、ミニトマト、レッドオニオンにグリルチキン、アーモンドやグレープフルーツなど、様々な食材を合わせた、バランスよく栄養がとれるサラダです。ドレッシングにはグレープフルーツビネガーを使用し、夏にぴったりな、さっぱりとした一品。ペアリングの泡は「サンテロ ブリュット」。力強い泡立ちで、スッキリとした爽やかな味わいが魅力の、辛口のスパークリングワインです。
パワーサラダを単品で楽しむなら、「ソアーヴェ」もオススメ。イタリア政府認定の有機ワインで、濃縮度が高く、とてもフルーティな味わいです。グレープフルーツのソースとも相性抜群!

スパークリングつきの女子会プランもあるので、泡好きの人はそちらもチェックしてみてくださいね。

<Farmer’s Bar Spice>
住所:千葉県船橋市本町2-26-28 中田ビル 101
最寄駅:JR総武線 船橋駅 徒歩5分

詳細はこちら↓

カクテル一杯、お料理一品にもこだわり満載! 通い詰めたくなるbar

京成船橋駅のすぐ近く、ビルの2階にある「Bar 篠崎」は、本格的なカクテルに加え、フードメニューも充実。まさに、食べて飲めるbarです。カクテルのレパートリーはおよそ1000種類ほどあるそうで、中でも旬のフルーツを使ったカクテルがオススメとのこと。フレッシュなフルーツの味と香りを生かし作られるカクテルは、季節によってメニューが変わるのも魅力です。扱うワインは30種で、店の自慢であるシェリー酒も100~120種ほど取り揃えています。
「スパークリングフェス」用にセレクトした泡は、「ロータリ ブリュット クヴェ」。シャルドネを100%使用し、通常よりも長い期間(28か月)瓶内熟成される分、味が強く、コクが深い辛口のスパークリングワインです。ペアリングとして提供するのは、「鮮魚のカルパッチョ」。皮を軽く炙った千葉の金目鯛と、イサキ、1週間ほど熟成させたスジアラ(ミーバイ)、クジラという、触感の異なる4種を堪能できる一皿です。「ロータリ ブリュット クヴェ」と合わせたときに負けないよう、バランスを考え、手間をかけて作っているのだそう。
今回は特別に「ロータリ ブリュット クヴェ」を使った「ベリーニ」というカクテルを作って頂きました。最高級の白桃に、自家製の白桃コンポート、自家製のザクロのシロップ、レモンが使われ、白桃の風味を存分に感じるカクテルです。

店には「2017年アンダルシア産イベリコハム公式コルタドールコンテスト」で優勝した生ハムも置いてあるので、ぜひそちらもお試しください。

<Bar 篠崎>
住所:千葉県船橋市本町1-8-29 FSビル2F
最寄駅:JR船橋駅 南口 改札出口〜徒歩1分

詳細はこちら↓

8/31まで開催中!!

「船橋スパークリングフェス」には、今回ご紹介したお店以外にもいろいろなお店が参加中! ぜひみなさんも、様々なペアリングを楽しみに船橋を訪れてみてはいかがでしょう?

「船橋スパークリングフェス」の詳しい情報はこちら↓

投稿者

ikumi

趣味はひとり呑み。尊敬する人は吉田類さん。
究極のマリアージュを求め、放浪中。
泡モノ好きのライター。