今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

おすすめワイン&レシピ

産地で異なるスペインワインの魅力 ガリシアとアンダルシア 【2019】

産地で異なるスペインワインの魅力 ガリシアとアンダルシア 【2019】

ガリシアの白ワインとアンダルシアのシェリー

白ワイン おすすめワイン
by 株式会社モトックス
ほぼ全土でワインが造られているスペインでは、産地によって異なる、多種多様なワインが楽しめます。

今回は、スペイン北西部のガリシア地方と南部に位置するアンダルシア地方に注目し、二つの地方の魅力とおすすめワインをご紹介いたします。

スペイン北西部に位置するのガリシア地方は降水量が多く、青々と緑深い潤いに溢れる土地。ガリシア地方のワイン産地と言えば世界的知名度が高い「リアス・バイシャス」です。

リアス・バイシャスは、大西洋岸のリアス式海岸南部にある、ガリシア地方の中でも海側のワイン産地。海からの影響で気温の変化は穏やかですが降水量が多い地域です。主要品種は「アルバリーニョ」。フェンネルやミント、熟したリンゴを想わせる香りと豊かな果実の甘みが魅力の品種です。

ガリシア地方はスペイン最大の漁獲高を誇る魚介類の宝庫!タコのガリシア風(茹でたタコをオリーブオイル、塩とパプリカパウダーで味付けしたもの)をはじめ、新鮮な魚介をシンプルに味わう料理がたくさんあります。アルバリーニョの豊かな果実の甘みが際立つ、産地のテロワールを反映したミネラル溢れるフレッシュな辛口白ワインは、魚介を使った料理ととても相性が良く、「海のワイン」と呼ばれています。


一方、緑深いガリシア地方とは対照的に、スペイン南部のアンダルシア地方は照時間が長く降水量が少ない、まさに「太陽の国」スペインを表すような土地。アンダルシアのワインと言えばシェリーです。

シェリーはイベリア半島最南端のへレス・デ・ラ・フロンテラの町を中心として造られる酒精強化ワインで、ソレラシステムという独特な伝統的継ぎ足し製法で造られます。ヘレスの畑は石灰分の多い真っ白なアルバリサ土壌。この土壌が高品質なブドウを生み出します。

アルコール度数の違いで呼び方や味わいが変わり、辛口から甘口タイプまであるシェリー。
軽めの辛口は、オードブルやタパスをつまみながら飲むのに最高で、甘口はデザートと一緒にと、シーンや料理に合わせて幅広い楽しみ方ができます。

海の幸に恵まれた日本は、寒さに備えて脂を蓄えた魚や、水温が低くなるとともに海の底から上がってきた深海魚など美味しい魚介が楽しめる時期。旬の魚介をシンプルにいただくなら、リアス・バイシャスのアルバリーニョの辛口白ワインを。

そして、一年で最も心躍るフェスティブ・シーズンももうすぐ!みんなが集まるパーティーに、料理やシチュエーションに合わせて楽しめるシェリーを、ワインのセレクトに1本加えてみるのはいかがでしょう?