今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

マリアージュ 2016/12/12 by 株式会社モトックス 焼き鳥に合うワイン
ワインのプロも、注目している「焼き鳥×ワイン」!自信をもっておすすめするマリアージュを一挙ご紹介致します!

焼き鳥に合うワイン

焼き鳥にワイン!?
ちょっと意外かもしれませんが・・・

合うんです。

焼き鳥といえば、
まずはビールをぐいっと一杯、
続いて日本酒をおちょこで頂きつつ、
あっ、焼酎も良いな、、、

というのが定番ですが、
実は、焼き鳥って、
ワインとの相性もすこぶる良いのです。
ワインのプロも、注目している「焼き鳥×ワイン」

モトックス社員が実際に検証した、自信をもっておすすめするマリアージュを一挙ご紹介致します!

まずは鉄板、『つくね』のタレ!

じゅわっとジューシーなお肉に、
甘辛いタレがしっかりと絡んだ
「つくね(タレ)」

焼き鳥屋さんに行ったら、
必ずと言っていいほど、オーダーしてしまう鉄板メニューです。

この「つくね」、お肉の旨みがしっかりと閉じ込められているので、酸の綺麗なタイプのワインがおすすめ!

『つくね(タレ)』におすすめはこれ!甘辛さ×甘酸っぱさ

イチオシワインは、
「ロゼ・ダンジュ」

フランス北部で造られたほんのり甘口タイプのロゼで、とても綺麗な酸が特徴の、さっぱりした甘酸っぱい味わいです。

これをつくねのタレに合わせると・・・
甘辛いタレとワインの甘酸っぱさがベストマッチ!
しかも、ジューシーなお肉の旨みをじゅわっと引き立て、かつ後味をさっぱりとさせてくれます!

優しいフルーティタイプなので、
普段ワインを召し上がらない方にもおすすめ!

そして、「ロゼ・ダンジュは甘いもんなぁ・・・」なんて、
ちょっぴり嫌厭モードなワイン通の方にも、だまされたと思ってぜひ飲んで頂きたい一本です!

続いて、こちらもド定番、『ねぎま・タレ』

ジューシーなもも肉に、火が通ってとろっとしたネギ、香ばしい焦げ醤油が絡む「ねぎま」

こちらも焼き鳥屋さんに行くと、ついつい頼んでしまう定番メニュー。

スーパーやデパ地下のお惣菜コーナーに並んでいますから、
ワインとのマリアージュを楽しんで頂きやすいのでは!?

『ねぎま・タレ』におすすめはこれ!焦げ醤油の香ばしさ×樽の風味

イチオシワインは、
チリ産の赤ワイン
「デル・スール カベルネ・ソーヴィニヨン レセルバ」

ワインに凝縮した黒果実と、深みのある樽由来の香ばしさが感じられ、飲み応えがあります。
この価格でこの味わいは、絶対買い!

ねぎまと合わせると、焦げ醤油の香ばしさに、ワインの樽由来の香ばしさ・ふくよかさが絶妙にマッチ!
鶏肉と、ワインのボリューム感のバランス、カベルネ・ソーヴィニヨン由来の渋さ・ほろ苦さとネギの風味のバランスも抜群です。

女子受けも間違いなし!『ささみの梅しそのっけ』

ヘルシー志向の方が増えている中、人気が高いのが
「ささみの梅しそのっけ」

実は、梅・しそのさっぱり、かつ甘酸っぱい味わいは、ワインとの相性が非常に広いのです!

ハーブや柑橘の香るさっぱり系白ワイン、酸の綺麗なフルーティ系白ワイン、エレガントなピノ・ノワール、甘濃い系の赤ワイン、などなど
ワインのお供としては万能選手であることが判明。

そんな中、検証隊がイチオシするのは、こちらです!

『ささみの梅しそのっけ』おすすめはこれ!梅とワインの色合いを合わせる!

イチオシワインは、
南フランス屈指の避暑地、プロヴァンスで造られるピュアな辛口ロゼ。
「キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス・ロゼ」

美しい海を眺めながら飲まれるこちらのロゼは、甘酸っぱい味わいはさることながら、ほんのりと塩っ気が感じられ、お食事ワインとしては非常におすすめ。

梅しその甘酸っぱさと色合いにぴったりマッチする上に、ワインの塩っ気が、香ばしく焼いた鶏肉の旨みをぐぐっと引き立てます!

まだまだご紹介します!

次のページでは、ついつい何個も食べたくなる手羽先の塩焼き、くせになるきものタレ焼き、スピンオフとして、鶏のたたきとのマリアージュをご紹介!

さぁ、2ページ目へどんどんいきましょう!

程良いしょっぱさがたまらない!『手羽先・塩』

かりっと香ばしい鶏の皮に、程良く効いた塩っ気がたまらない手羽先。
食べるのはちょっぴり面倒ですが、その手間も惜しまない美味しさですよね!

『手羽先・塩』おすすめはこれ!塩っ気×綺麗な酸

イチオシワインは、
「シュテッフェン リースリング シュペートレーゼ トロッケン」

名前が長い!分かりにくい!ので解説。

トロッケン=辛口、という意味で、このワインはつまり、
「シュテッフェンが造る、リースリング種を遅摘みにして造った、辛口タイプのワイン」です。

口に入れた瞬間から余韻にまで感じられる、美しい酸が魅力のリースリング。
その特徴をしっかり表現したこちらのワインは、手羽先の塩っ気と油分をさらっと流してくれます。
まるでレモンを絞ったような効果!

ワインの爽やかさが口の中をリフレッシュしてくれ、かつリースリングの優しいフルーティさに癒されて、ついつい食が進む組み合わせです。

ファンの多いメニュー 『肝・タレ』

しっとりとした食感に、甘辛いタレがまとわりつく肝・タレ。
独特の香りと味わいなので、ファンにはたまらないメニュー。

お肉の色合いが赤褐色系のイメージですから、合わせるワインも、ちょっぴりスパイシーな、色濃い赤ワインが合うのでは??と思っていたのですが・・・

『肝・タレ』おすすめはこれ!強い香り×すっきりハーブ香

イチオシワインは、
ニュージーランドのアロマチック白
「ザ・スプリングス ソーヴィニヨン・ブラン」

肝に白ワイン!?とびっくりしたのですが、
これがなんと、肝のクセのある強い香りと、ワインのハーブを想わせる爽やかな香りがすっきりと合うのです!
またお肉の脂質を、ワインの酸味がさっぱりと流してくれるという嬉しいポイントも。

「肝には爽やか白ワイン」の新定番発見です!

番外編!『鶏のたたき』

メニューに載っていると、ついつい食べたくなってしまう
「鶏のたたき」

柔らかく、繊細な味わいながら、噛めば噛むほど旨みがじわ~っと広がります。

少し甘味のあるお醤油と合わせたり、ゆず胡椒と合わせたり・・・と調味料も大活躍なこちらのメニュー。

先ほどご紹介した、「ザ・スプリングス ソーヴィニヨン・ブラン」のような、爽やかタイプもよく合うのですが、特におすすめなのはコチラ!

『鶏のたたき』おすすめはこれ!料理とのボリューム感がぴったり!

イチオシワインは
ドイツ産の軽い赤ワイン
「クロスター ピノ・ノワール ファルツQ.b.A. 」

たたきは旨みがあり、淡泊で繊細な味わいなので、合わせるワインもエレガントタイプのピノ・ノワール種のワインがおすすめです。
ワインと料理のボリューム感が非常に良いバランスで、とても合わせやすい組み合わせです。

また、ピノ・ノワールの赤いイメージの果実味が、お醤油やポン酢とも抜群に合うので、調味料を添えた時にもばっちりの相性。
これは、鶏のたたきの時でなくても良く合う定番の組み合わせなので、ぜひお試しくださいね!

いかがでしたか?

今回の焼き鳥×ワインのマリアージュ検証、
キーワードをおさらいしておきましょう!

1.甘辛い味わいには、甘酸っぱいワインですっきり感をプラス!

2.焦げ醤油の香ばしさには、深みのある樽風味のある赤ワインを!

3.梅×ロゼ、のように、料理とワインの色合いを合わせる!

4.塩っ気と脂っ気のあるものには、酸の綺麗なワインで引き締めを!

5.香りの強いお肉には、ハーブの爽やかさがしっかり香る白ワインがおすすめ!

6.料理とワインのボリューム感を合わせる!


お店でも、スーパーやデパ地下でもとっても身近な焼き鳥。
ぜひワインとも合わせてみて下さいね!

口コミ

焼鳥に、きれいな鳥のラベルのワインは、どうかと思う…。焼鳥が食べにくい…。
2018/02/26by 焼鳥&ワイン好き