WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

マガジンを読む

ワインのある生活 2017/08/28 by 株式会社モトックス 魅惑の「古木ワイン」特集
未知の世界『古木で造るワイン』の魅力

古木ワイン

みなさん、『古木(コボク)』で造ったワインをご存じですか?
聞いた事はあるけど何かわからない、もしかしたら聞いたこともない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな未知の世界『古木で造るワイン』の魅力をご紹介します。

古木のワインって?

年齢の高い樹から収穫されたブドウでできたワインです。

古木のブドウはどこが良いの?

それはずばり『凝縮感・深み・複雑さ』です!

ブドウの樹は一定の樹齢になると成長する勢いが弱まり、ブドウの房を付ける数も減り、収穫量が減っていきます。
果実が少なくなると葉と果実が十分な日光を受けることができ、年月をかけて深く根を張っているため、より多くの栄養素を葉と根から集めることができます。

こうして凝縮感・深み・複雑さを兼ね備えたワインができるのです。

古木のワインが稀少って本当?

本当です!

樹齢が高くなると樹にたくさんのケアがいるため、多くの手入れが必要になるので、若木に植え替えるワイン生産者も多数います。

また、採れるブドウの実が少ない上に、途中で枯れてしまうこ樹もあり、造れるワインの本数は少なくなります。

古木ワインはこんな使い方ができます。

古木ワインはプレゼントにぴったり。
例えば、こんなシチュエーションに使えます。還暦のお祝いに60年前のワインをプレゼントしたいけど、そんなに古いワインはなかなか見つからない。。。
そんな時に樹齢60年の古木ワインを選んであげれば、比較的見つけやすいはずです。

古木ワイン厳選6本をご紹介!

平均樹齢70年

「フェラン アンティーク v.v.」

1930年〜1950年に植樹された古木のみを使って樽を使わずに造られます。緻密なタンニンと完熟赤果実の厚みを感じる本格派。

樹齢60年以上

「セッサンタアンニ サン・マルツァーノ」

『セッサンタアンニ』はイタリア語で『60』を意味しています。樹齢60年以上の古木から生み出される凝縮したブドウを選果。小樽で1年以上熟成させた超凝縮系ワイン。

還暦のお祝いにぴったりです!

平均樹齢80年

「ペー・エフェ」

スペインのラ・マンチャにしか生えていない『ボバル種』のブドウ。その中でも最高の区画から造られるワイン。

平均樹齢80年のボバル種の味わいは非常に濃厚。その中にも絹のような滑らかさが感じられます。

樹齢40~100年齢

「クロデフ カウケニーナ」

チリ沿岸部で樹齢40~100年の古木を復活させてできたワイン。
新鮮なベリーの果実味。シルキーで伸びやかな口当たり。まさに人間的な深みのある紳士のようなワイン。

樹齢100年以上

「アイアンストーン ジンファンデル ルース リザーヴ」

今回ご紹介する古木ワインの中でも一番古い、樹齢100年以上を誇る、アメリカ カリフォルニアで造られる究極の古木ワイン。

薔薇を想わせるアロマと共に熟したブラックベリー、チョコレート香、柔らかく円熟したタンニンと深い余韻。他にはない独特の広がりを持つ。

樹齢60年以上

「キリ・ヤーニ カリ・リーザ」

ギリシャの古代品種がうみ出す優美な淑女のようなワイン。

軽やかで、トマトやハーバルかつ、大地のような要素もあり、エキゾチックなアロマやエレガントな質感を持ちます。

お気になる古木ワインはありましたか?

覚えておくときっと役に立つ『古木ワイン』の知識。

飲んだり贈ったりして、新たなワインの楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。