今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

ワインのある生活 2017/12/27 by 株式会社モトックス プロースト!!〜ドイツ流・乾杯の流儀(2)〜
ヨーロッパでの乾杯マナーとは??後編をお届けいたします!

ドイツ在住アラサー女子のてんどーねです。ドイツの乾杯流儀をリアルな視点でお伝えした前のレポートの続きです。

グラス「カチン」はアリか、ナシか

さて、グラスを当てて「カチン」と音を立てるのはマナー違反、と言われることもある様ですが、てんどーね的ドイツ感覚では断然 アリ です!!
てんどーねの経験ではゆっくりとグラスを当てながらの乾杯はむしろ好意的に受け止められる事が多いです!
乾杯のタイミングで相手のグラスが接近してきた場合はむしろ柔らかめに「カチン」しちゃってください〜
(特にアラサー女子のみなさん、よろしくお願いします!笑)

ただし、高級ホテルでのガラディナーなどではNGかもです...これはてんどーね未体験のハイクラスゾーンであります。
海外でのガラディナー参加経験者の方がいらっしゃったら、アリかナシか、ぜひご教授くださいませ。(てんどーねがガラディナーに出席する予定は全くありませんが・・・)

イタリアでの乾杯ビックリ体験・・・

実はてんどーねは以前にも乾杯の現場で赤面したことがあります。

時は遥か○◯年前、まだてんどーねがハタチになりたてのピチピチ女子な頃のことです。(遠い目・・・)
初めて訪れたイタリアで、イタリア男子と食卓にてワインで乾杯するチャンスがありました。
(このイタリア男子がホームステイ先のご家族のおじいちゃん、というのは伏せておきます笑)

「チンチ〜ン♪♪」

てんどーね:えッ?!今何て言っ・・・ち、ち、チンチーン??!!

一瞬耳を疑いましたが、これはイタリアでは歴としたカジュアルな乾杯の挨拶。
フォーマルな場では「サルーテ」と言われる事が多いですが(そして当時のてんどーねは残念ながらコレしか知らなかった…)、「cin cin」もイタリアの乾杯現場では欠かせない挨拶。

女子のみなさん、イタリア男子との乾杯時は是非ビックリしないで、スマートな対応をお願いいたします。

ニホンゴの“カンパーイ”は通用するか、について

最後に我らがニッポンの飲みニケーション流儀である、みんなでグラスを寄せ合っての「カンパーイ」はヨーロッパで果たしてどのくらい通用するのか、についてです。

まず「カンパーイ」という掛け声はほぼ100%通用します!!(てんどーね調べ)
コンニチワ、サヨナラ、アリガトなんかよりもかなり認知度が高いです!!
注)てんどーねの交友関係が飲んべ…ではなくワイン愛好家に限られる、という説あり※

グラスを寄せる動作を併せれば、「カンパーイ」が初耳のヨーロピアンも快く乗っかってきてくれますので、是非トライしてみてください。

一方でグラスを寄せあって皆で一斉に乾杯するのは、その場がかなり和やかに温まっていないとなかなか難しいかもしれません。
ドイツを含めヨーロッパではグラスを寄せ合う乾杯は1対1で個別に行うのが通例で(なので全員と乾杯するにはテーブルの端まで移動要、かなりの尺を要します…)、これまたてんどーねの経験上ですが、同世代の友人グループ内で、皆が多少いい気分になってからでないとスムーズな 一斉に「カンパーイ」 はできません。

みなさんがこの乾杯シーズン、ヨーロッパの方とスマートなマナーで楽しい時間を過ごせます様に・・・
プロースト!

投稿者

てんどーね

ドイツ在住のアラサー女子。
ワイン輸入商社勤務を経て、イタリア、日本、イギリスにてワイン資格取得に励むも、現在はノムリエ化。泡モノ好き。
最近は苦手な料理にもトライし始め、マリアージュを意識。一人家飲みもそこそこ、楽しい。