今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

  1. 新着マガジン
  2. マリアージュ
  3. ワインを楽しむ基礎知識
  4. ワインのある生活
  5. 世界のワイナリーから
  6. ワインクイズ
  7. 注目のワイン
  8. テーマ別ワイン用語まとめ
  9. マガジンランキング

新着マガジン

927件見つかりました
ワインで出てくる略語
  • テーマ別ワイン用語まとめ

ワインで出てくる略語

生活の中でも、LEDやATMなど、身近な所に沢山、略語がありますが、今回は、ワインの世界での略語の代表的なものを取り上げてみたいと思います。

オーストラリアのワイン産地
  • テーマ別ワイン用語まとめ

オーストラリアのワイン産地

南半球の人気の観光地、オーストラリア。自然を満喫したり、動物と触れ合ったりなど、魅惑的な観光プランが沢山ある国ですが、ワイナリーをめぐるツーリズムも発展しています。そんなオーストラリアの主なワイン産地を見てみましょう。

解説!『ラ・プラス・ド・ボルドー』
  • ワインを楽しむ基礎知識

解説!『ラ・プラス・ド・ボルドー』

フランス、ボルドー地方には、『ラ・プラス・ド・ボルドー』と呼ばれる独自の流通システムがあります。今回は、その仕組みと近年の変化について解説してみたいと思います。

ニュージーランドの主な産地
  • テーマ別ワイン用語まとめ

ニュージーランドの主な産地

ニュージーランドは南半球の緑豊かな農業国です。また、美しい自然は観光地として、映画のロケ地として人気です。 ワインに関しての歴史は短く、小さな産地ですが、方向性がはっきりしており、十分な存在感を放っています。今回は、ニュージーランドの主なワインの産地を取り上げてみたいと思います。

解説ワイン用語:『古木』、『ヴィエイユ・ヴィーニュ』、『オールド・ヴァイン』
  • テーマ別ワイン用語まとめ

解説ワイン用語:『古木』、『ヴィエイユ・ヴィーニュ』、『オールド・ヴァイン』

ワインの説明に時々出てくる、『古木』、ならびに、『古木』のフランス語表現、『Vieilles Vignes ヴィエイユ・ヴィーニュ』、英語の表現、『Old Vines オールド・ヴァイン』。これらは、どういう意味合いなのか、呼ぶのにルールがあるのか、などを、解説していきたいと思います。

イタリアで使われるブドウ品種
  • テーマ別ワイン用語まとめ

イタリアで使われるブドウ品種

イタリアは州ごとに固有の文化を有しており、ワイン造りに使われるブドウ品種も州によって多種多様な国なのですが、その中でも、代表的なブドウ品種を紹介したいと思います。

ワインを使ったカクテル
  • テーマ別ワイン用語まとめ

ワインを使ったカクテル

「このワインも好きだけど、今日は、ちょっと違うものも飲みたい」、とか、「750mlはちょっと私には多いなー」という方に是非、おススメなのが、ワインを使ったカクテル。 今日は、身近なもので作りやすい7種を紹介します。基本、どれも、簡単なブレンドなので、気楽に挑戦できます。

ちょっと細かい話 『貴腐ブドウの収穫』
  • ワインを楽しむ基礎知識

ちょっと細かい話 『貴腐ブドウの収穫』

ワインを学んでいくと、細かい所が気になってしまい、調べているうちに、全体の概要を学ぶ時間を取られてしまう事はよくあります。全体を学ぶ事も大事ですが、細かい所をあれこれ調べていくのも面白いものですね。 今回は、以前から気になっていた貴腐ブドウの収穫方法について、あれこれ考えてみたのでまとめてみます。

解説ワイン用語:『レゼルヴ』
  • テーマ別ワイン用語まとめ

解説ワイン用語:『レゼルヴ』

ワインの名前の中に時々登場する、『リゼルヴァ Riserva』、『レセルバ Reserva』、『レゼルヴRéserve』などの言葉。英語の『Reserve(リザーヴ)」にあたる単語で、一般的には「貯蔵する」、「キープする」などの意味合いで使われますが、ワイン用語になると、どういう意味になるのでしょうか。 (※以降、代表して『レゼルヴ』と書きます) 『レゼルヴ』はワイン用語の場合、基本、『ワインが通常より長く熟成された』という意味になるのですが、国によって意味合いが違ったり、記載する為の規定の違いもあったりします。 知っておくとワイン選びの際に役立つ単語ですので、今回は、主要な国を中心にまとめてみたいと思います。

フランスワインを始めるのにおススメの8選
  • テーマ別ワイン用語まとめ

フランスワインを始めるのにおススメの8選

ワインの銘醸地として一番に挙げられるであろうフランス。そんなフランスワインを飲んでみたいのだけど、沢山あって、何から試したらいいのか分からない、という事も多いはず。 筆者の独断と偏見も入りながらではありますが、そんな人に是非試してほしいワインを8本セレクトしてみました。

ドイツで使われるブドウ品種
  • テーマ別ワイン用語まとめ

ドイツで使われるブドウ品種

一般的には赤ワインの生産量の比率が高い国が多い中で、ドイツはめずらしく白ワインの方が多い国です。また、甘口の白の生産が多いのも特徴的でしたが、どちらも変動の中にあります。そんな中で主となる、ドイツで栽培されているブドウ品種を見ていきましょう。

夏のワイン会におすすめセレクト
  • ワインのある生活

夏のワイン会におすすめセレクト

ワイン会をする時に何かテーマがあると楽しいですね。『産地』でまとめてみたり、『ぶどう品種』でまとめてみたり。 その中でも、盛り上がるのが、季節をテーマにしたもの。今回はこれからの季節にピッタリな、『夏のワイン会』におすすめなラインナップを考えてみたいと思います。

『国際品種』、『固有品種』、『土着品種』とは?
  • ワインを楽しむ基礎知識

『国際品種』、『固有品種』、『土着品種』とは?

ブドウ品種を説明する際に、『国際品種』や『固有品種』、『土着品種』、などの言葉を使う事があります。大体意味は分かるとして、その言葉の使われ方について、あれこれ勝手に考えてみようと思います。

CAVA カバの新規定のまとめ
  • ワインを楽しむ基礎知識

CAVA カバの新規定のまとめ

スペインの有名なスパークリングワイン、カバ。スペインのみならず世界的に有名なスパークリングワインです。2020年に、そのカバの規定が新しくなりました。変わった点、変わらなかった点に触れながら新規定についてまとめてみたいと思います。

ポルトガルで使われるブドウ品種
  • テーマ別ワイン用語まとめ

ポルトガルで使われるブドウ品種

ポルトガルは、カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなど世界的に広く栽培されている国際品種の栽培が少なく、固有品種が発達しています。他では聞かない品種が沢山です。今回はそんなポルトガルワインで使われるブドウ品種についてまとめてみました。