今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ルイス・ドゥアルテ・ヴィーニョス

ワイナリー・オブ・ザ・イヤーをポルトガルで初めて2度受賞した凄腕

生産者の肩書 オーナー醸造家 ルイス・ドゥアルテ氏
所在地 Monte do Carrapatelo, Apartado 108, 7200-999 Reguengos de Monsaraz, Portugal Googleマップで見る
国/地域 ポルトガル ポルトガル/アレンテージョ
インポーター 株式会社モトックス

ポルトガルNO.1醸造家が立ち上げた新進気鋭のワイナリー

2007年、ルイス・ドゥアルテ氏によってポルトガルで注目のワイン産地アレンテージョに設立された新進気鋭のワイナリー。ポルトガル国内の評価誌で2度NO.1メーカーとして選出され、多数のワイナリーでコンサルタントを務めるルイス・ドゥアルテ氏が自身で立ち上げたワイナリーです。
手摘みされたブドウを贅沢に使用しながらもリーズナブルな価格を追及する彼のワインは、米国を代表する評価誌「ワイン・エンスージアスト」を始めとし数多くの高評価を獲得しています。

ワイナリー・オブ・ザ・イヤーをポルトガルで初めて2度受賞した凄腕

ルイス氏はドウロ生まれ。1987年からワインの醸造コンサルタントとして働き始め、数多くのワイナリーで品質向上に成功。一躍スター・コンサルタントとして高い注目を集めます。
そんな彼の活躍が初めて認められたのは1997年。ポルトガルの権威ある評価誌“Revista de Vinhos”でワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。その後も2007年に再度同賞に選出、ポルトガルで初の快挙となりました。また、ドイツの評価誌“Der Feinschmecker”の“Wine Awards 2010”にてベスト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーにノミネート、さらに彼のワイン「ラ・パリーガ・ダ・キンタ」がワイン・エンスージアスト誌で毎年高い評価を得ているなど、世界的にも凄腕の醸造家として知られるようになりました。
オーナー醸造家:ルイス・ドゥアルテ氏

ワイン・エンスージアスト誌で高評価を連発!!

ラパリーガ・ダ・キンタのシリーズは毎年「ワイン・エンスージアスト」において非常に高い評価を獲得しています。
リーズナブルな価格ながら世界的に認められる品質。ぜひお試しください!!

●ラ・パリーガ・ダ・キンタ ブランコ(白)
【2010】ワイン・エンスージアスト誌 92点!!

●ラ・パリーガ・ダ・キンタ ティント(赤)
【2008】ワイン・エンスージアスト誌 91点!!
【2009】ワイン・エンスージアスト誌 91点!!
【2010】ワイン・エンスージアスト誌 90点!!

●ラ・パリーガ・ダ・キンタ ティント レゼルヴァ
【2008】ワイン・エンスージアスト誌 94点!!
【2010】ワイン・エンスージアスト誌 93点!!

「農園の娘」?「木曜日のあばずれ」?

ワイン名になっている「ラ・パリーガ・ダ・キンタ」。

ポルトガル語では「農園の娘」を意味する言葉ですが、同じくポルトガル語が公用語となっているブラジルでは何故か「木曜日のあばずれ」という意味になるそうです。
なんともミステリアスな対比ですが、楽しみながらワインを飲んでもらいというルイス氏のユーモア感覚で名付けられました。

凝縮感がありながら、エレガントさもある上質な味わい

ポルトガルだけでなく、世界中で高い評価を得る彼のワインは上質な味わいを誇ります。
凝縮感がしっかりとありながら、飲み直すほどに何とも手放せない味わいと高級感溢れるエレガントさに魅せられるワイン。
彼のワインは料理との相性も素晴らしく、洗練されています。そしてそれこそがルイス氏が目指すワインであるといえます。

リーズナブルな価格ながら手摘み収穫と環境に配慮した栽培

手摘み収穫したブドウを除梗して造る。
高品質なワイン造りを目指すのであれば必要な作業ですが、当然ながら手間とコストがかかる作業でもあります。
高い品質を追求しながら、リーズナブルな価格を実現させることに成功しているルイス・ドゥアルテは良心的生産者といえます。
また彼の農園では、自然環境を大切にするために環境保全型農法を実践しています。

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2019 750ml デイリークラス
2018 750ml カジュアルクラス
2019 750ml デイリークラス

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る