今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

ドメーヌ・ドルーアン・ラローズDrouhin-Laroze (Domaine)(仏)

  • 別名:ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ
  • 類似表現:ドルーアンラローズ
  • 関連ワード:フランス、ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイ、ジュヴレ・シャンベルタン、ラローズ・ド・ドルーアン

フランス、ブルゴーニュ地方のジュヴレ・シャンベルタン村に拠点を置く名門、ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ。1850年にジャン・バプティス・ラローズ氏がジュヴレ・シャンベルタンに畑を取得したのが始まり。1919年にラローズ家のスーザン・ラローズ氏と、シャンボル・ミュジニー村のアレクサンドル・ドルーアン氏が結婚し、『ドルーアン・ラローズ』が誕生。ミュジニー、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、シャペル・シャンベルタン等の特級畑を持つ。

ワンポイント!

ドメーヌの所有畑は全部で11.5ha。2008年にカロリーヌ・ドルーアン氏が『メゾン・ラローズ・ド・ドルーアン』という名のネゴシアンを立ち上げ、ネゴシアンワインも造られている。

  • 参考:http://www.drouhin-laroze.com//
  • 更新日:2018/09/30

同じカテゴリのワード

生産者