WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

マガジンを読む

ワインのある生活 2017/08/08 by Wine-Link 「墨田スパークリングカクテルナイト」で、泡のカクテルに酔いしれる! 人気店5選
東京スカイツリーが開業し、今や世界中から観光客が訪れる墨田区。開発が進む一方、昔ながらの文化が今も色濃く残る地域です。墨田区では、それぞれのお店がチョイスしたスパークリングワインと、スパークリングワインを使ったカクテルをお得に楽しめる「墨田スパークリングカクテルナイト」が開催中。今回は、その中でも注目のお店をご紹介します。

女性の一人飲みや初心者の強い味方! 通うほど、お酒の知識が深まるバー

錦糸町駅から徒歩5分。「テイクユアタイム」は、バー慣れした年配の常連さんから、バー初心者の20代まで、幅広い人々が訪れるお店。人生経験豊富なマスターが、お酒の知識を分かりやすく教えてくれるので、これからバーに通い始めたいという人にもオススメです。最近は、女性一人のお客さんも増えているとのこと。
店内には、バーではあまり見かけることの無い、ワイン専用の貯蔵庫も完備されています。扱うワインの種類も多く、白は20種、赤は30種ほど。3000円代のものから高価なものまで、幅広いラインナップが揃っています。その中から、「シャトー・ベルヴュー」というフランスの赤ワインを使って、「マイラ」というカクテルを作って頂きました。すっきりとしたドライなテイストの食前酒です。店でも人気の高い「男前カレー」との相性は抜群! 

「男前カレー」は、7~8月に限定で提供されるメニュー。マスターが自ら腕を振るう、お店自慢の一品です。その味を求め、多い時で1日に6食も注文が入ることがあるのだそう。ジャガイモ、小麦粉を使わないのが特徴で、ペーストは1週間かけて作られています。ガツンとスパイスが効いているのに、食べてみるとそこまで辛くない不思議なカレーです。
店では「墨田スパークリングカクテルナイト」用に、3種類のスパークリングワインをセレクト。桃を使った「ベリーニ」に次いで人気があるという「ホワイトミモザ」は、甘口のスパークリングワイン「アスティ スプマンテ」と、グレープフルーツを使ったカクテルです。甘さと酸味が絶妙な、夏にぴったりな一杯。日替わりで提供される、アミューズと合わせてお楽しみください。

<テイクユアタイム>
住所:東京都墨田区錦糸2丁目11-6  真ビル106号室
最寄駅:JR総武線 錦糸町駅徒歩5分

詳細はこちら↓

ゆったりとした時間が流れるオーセンティックバー

大江戸線両国駅から徒歩5分。住宅街の中にひっそりと店を構える「Bar Helissio(バーエリシオ)」の店内には、落ち着いた雰囲気が漂っています。地元の人はもちろん、仕事帰りの女性が一人でふらっと立ち寄ることも多いお店です。料理好きのマスターが作る、こだわりの詰まったフードメニューも魅力のひとつ。
店では特に、モヒートと、桃を使ったフルーツカクテルが人気なのだそう。そこで、今回の「墨田スパークリングカクテルナイト」でも、辛口のスパークリングワイン「サンテロ ブリュット」を使った、桃のカクテル「ベリーニ」を提供。甘口の「アスティ スプマンテ」で甘さを補いつつ、辛口が好きな人でも飲みやすい、すっきりとした甘さに仕上げています。桃の香りと味わいを、存分に堪能することができる一杯。

合わせたい料理は、「豚バラのリエット」。フードプロセッサーは使用せず、6~7時間ほど煮込んだ豚バラ肉を手作業で潰し、細かくしています。たまねぎ、にんじん、セロリといった香味野菜を使うほか、味付けは塩、胡椒のみ。しっかりと肉の繊維が残り、野菜のうまみを感じる一品です。
今が旬の、貴陽プラムを使ったカクテルもオススメ。「コレッツィオーネ・チンクアンタ」という、しっかりとしたボディの赤ワインを使用しています。一口飲むと、口の中に爽やかなプラムの香りが広がり、プラムの酸味とワインの渋みが見事にマッチしたカクテルです。

店では、ピザ生地も一から手作りしており、マスターが好きな燻製を使ったメニューも用意されています。カクテルと合わせて、ぜひ料理の方もいろいろとお試しください。

<Bar Helissio>
住所:東京都墨田区両国4-2-8 ヤマシタビル 1F
最寄駅:JR総武線 両国駅徒歩8分

詳細はこちら↓

1杯からでも、気軽にお酒を楽しめるショットバー

錦糸町駅から徒歩3分。大通りから少し奥に入った場所にある「Bar slainge」は、マスターが好きだというイギリスのパブをイメージした造りのお店。ヴィンテージ風の照明に照らされた店内は、柔らかな明かりに包まれ、ぬくもりを感じる空間が広がっています。

仕事帰りの人が多く訪れるというこのお店では、ダイキリなどのショートカクテルと、モヒートが人気なのだそう。特にウイスキーを多く扱い、ワインも10種類ほど取り揃えています。
「Bar slainge」が「墨田スパークリングカクテルナイト」用に選んだのは、シャンパンにも負けない味わいを持つ「ダミア カバ ブルット」。ブドウのコクを感じる、すっきりとした口当たりのスパークリングワインです。このワインを使ったカクテル、「ロイヤルモヒート」と共に提供しています。「ロイヤルモヒート」は、飲んだ瞬間、口の中にミントの爽やかな風味が広がるカクテル。添えられたオレンジの香りと一緒に、お楽しみください。深みを出すために、シェリー酒も使用しています。

合わせたいメニューは、スイーツ好きなマスターが手作りしている「自家製ベイクドチーズケーキ」。ほどよい酸味と甘さが絶妙にマッチし、ウイスキーやワインとも相性抜群です。この味を求めて、来店するお客さんも多いのだそう。ガトーショコラもありますよ。
「ソーヴィニヨン・ブラン」を使った「マスカットクーラー」は、すっきりと夏らしいカクテル。炭酸が苦手だという女性には、こちらをオススメしているのだそう。フレッシュなマスカットの香りを堪能できる一杯です。

オイルサーディンや桑原ハムの盛り合わせといった料理も人気で、オーナー曰く、気軽に立ち寄ってもらえる場として利用してほしいとのこと。店の奥には4人掛けのテーブル席も用意されているので、友人や仕事仲間を誘ってお酒を楽しむのにもオススメです。

<Bar slainge>
住所:東京都墨田区錦糸3-8-5 秋元ビル 1F
最寄駅:錦糸町駅から徒歩3分

詳細はこちら↓

食事のできるカジュアルワインバー

両国駅から徒歩1分、好立地な場所にある「セ・ミニヨン」。14名ほど入るという店内には、カウンター席とは別に、テーブル席も用意されています。この店には、20~70代まで、幅広い年齢層のお客さんが訪れるのだそう。壁には、ワインの箱をパッチワーク風に張り合わせたものを飾るなど、こだわりを感じる空間が広がっています。

扱うワインは30種ほどで、3600円~6000円のものを多く揃えているとのこと。その中から、日替わりでグラスワインを提供しています。
19時~20時30分までは「ぺこりんタイム」という、食事と1ドリンクのセットを1500円で楽しめるというサービスも。(季節によりセット価格が変動します。)この日用意されていたのは、なんと、国産フィレステーキ。この価格で堪能できるとは、驚きです。合わせたワインは、「墨田スパークリングカクテルナイト」用にセレクトされた「カリントン・グレーススパークリング シラーズ」。ブラックチェリーやベリーの果実味と、スパイシーなフレーバーを持つ赤のスパークリングワインです。
店で人気だという手羽中揚げは、冷めてもおいしくいただけます。ピリ辛で、白ワインとも相性抜群です。合わせたのは、「マール・デ・リスボア」と九州産のすだちを使ったカクテル。すっきりとした飲み口で、夏にぴったりな一杯です。

北海道産の鮭パイ、手ごねハンバーグなど、おいしい料理が揃う「セ・ミニヨン」で、ゆっくりとワインを堪能してみてはいかがでしょう?

<セ・ミニヨン>
住所:東京都 墨田区両国3-24-1
最寄駅:両国駅から徒歩1分

詳細はこちら↓

小鉢も充実! おいしいマグロが魅力の居酒屋

両国駅から徒歩2分。大通り沿いに店を構える「アルコールと肴」は、おいしいマグロとお酒を楽しめるお店。初めて店を訪れる人の大半が注文するという天然インドマグロは、濃厚な脂と甘みが特徴です。お酒のあてとしてもピッタリですね! 常連さんの多くが注文するという、日替わりのメニューも注目です。

小鉢の種類も多く、2品で500円~と価格もリーズナブル。店には、一人で飲みたい人にもうれしい料理のライナップが揃っています。「レバーパテ」や「夏野菜のカポナータ」もあるので、ワインと一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?
「墨田スパークリングカクテルナイト」用に、辛口のスパークリングワイン「バルディビエソ  ブリュット」を用意。シャルドネとピノ・ノワールを贅沢に使用した、爽やかな柑橘果実の風味と、ふくよかな質感が特徴のワインです。このワインを黒ビールで割った、お店オリジナルのカクテル「ALCOブラック」と共に提供しています。

「ALCOブラック」は、黒ビールのコクと、スパークリングワインのさわやかな酸味がマッチしたカクテル。しっかりと味付けされた「豚肉西京炒め」ともよく合います。ぜひこの機会に、その相性をお試しください。

<アルコールと肴>
住所:東京都 墨田区両国2-17-19PAZ両国1F
最寄駅:両国駅徒歩2分

詳細はこちら↓

イベントは8/31まで!!

「墨田スパークリングカクテルナイト」」には、今回ご紹介したお店以外にも、いろいろなお店が参加中! この機会に、スパークリングカクテルのハシゴを楽しんでみてはいかがでしょう?

「墨田スパークリングカクテルナイト」の詳しい情報はこちら↓

投稿者

ikumi

趣味はひとり呑み。尊敬する人は吉田類さん。
究極のマリアージュを求め、放浪中。
泡モノ好きのライター。