今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

アジィエンダ・アグリコーレ・プリミス

完熟した果実味と、意外な酸とミネラルが共存。 人もワイナリーも若いながら、洗練したワインを造り出す

生産者の肩書 オーナー ジャンニ氏 アントニオ氏
所在地 Via Colombo, 44 71048 STORNARELLA (FG) - ITALY Googleマップで見る
国/地域 イタリア イタリア/プーリア
インポーター 株式会社モトックス

ワイナリー動画

若き生産者の「情熱」と「活力」、そして幼い頃からの「夢」

北プーリアにジャンニ・マウリエッロとニコラ・セラーノの2名が、2003年に設立しました。
まだ20代の2人は幼馴染で、同じ学校に通いそして自分達が生まれ育ったこの地で「最高のワインを造る」という夢を共有していました。
この北プーリアでは古代からブドウ栽培を行っており、その伝統と経験は親から子へ幾世代にわたって受け継がれてきました。ジャンニとニコラの家も元はブドウ栽培農家でしたが、お互いの家族から引き継いだ畑をもとに幼き頃からの夢を現実のものとしたのです。
今ではプーリア州で、驚くほど高品質な白ワインを造る新進気鋭の造り手として注目を集めています。

名前の由来と、ラベルの紋章

「Primo(プリモ)」に由来します。「第一の」、「筆頭の」という意味から、「最高のもの」や「品質がぐんぐん向上していく」という願いを込めて名付けられています。またラベルの王冠は、「気高さ、高貴さ」の象徴。ワイナリーのあるストルナレッラの紋章から取りました。樹木は「長寿」を意味し、目隠しをした若者は「平和」を望むシンボルです。この地は古来より戦争が多い地域だったので、同じ歴史を繰り返さない、また残酷な争いを望まないという願いが込められています。

恵まれた自然に甘えない。徹底した品質向上への努力

 プーリアでは適度な降雨はありますが、ブドウの実が成熟する期間には雨が降りません。その結果、優れたブドウが収穫できます。 またこの地は温暖な気候ですが、夏と冬、昼と夜の寒暖差がとてもはっきりしているため、酸が伴ったバランスのよい完熟ブドウになります。
ジャンニとニコラは、更に高品質なブドウを収穫するべく、それぞれ家族から受け継いだ自社畑を新しく改良。そして収量を低く抑えるようにしています。 「恵まれた自然」と「人の手による努力」が、高品質なブドウの秘訣だったのです。

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る