今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

フォンテーヌ・デ・グリーヴ

ナチュラルワインに魅せられ脱サラ! ネオヴィニュロンに学び独立を目指す、醸造家の挑戦!

生産者の肩書
所在地 FONGRIVE BAS 24240 THENAC Googleマップで見る
国/地域 フランス フランス/シュッド・ウエスト
インポーター 株式会社モトックス

熱き男、ブノワ・ペリッセ氏の挑戦

フォンテーヌ・デ・グリーヴは、南西地区のベルジュラックから南西に20km程進んだテナック村に位置するドメーヌです。醸造家はブノワ・ペリッセ氏。パリでワインとは無縁の仕事をしていましたが、パリのワインフェアでナチュラルワインに魅せられ、虜になりました。その想いは、いつかワイン造りをしたいという情熱に変わっていきました。2015年に仕事を辞め、南西地区で新世代の自然派生産者として注目を集めるシャトー・レスティニャックで修行しました。
修業した後に、シャトー・レスティニャックのオーナーのカミーユ氏の勧めもあり、シャトー・レスティニャックにブドウを卸していた、フォンテーヌ・ド・グリーヴのオーナー、マリオとジョエル・ゾルゼット夫妻と畑のスポンサー契約を結びました。こうして、フォンテーヌ・ド・グリーヴのブドウでブノワ・ペリッセ氏が目指すナチュラルワイン造りの夢がスタートしたのです。
初ヴィンテージは2018ヴィンテージ。同年にエコセール認証を申請。(ラベルへの記載は2021ヴィンテージから)さらに、2020年にはブノワ・ペリッセ氏のパートナー、レイラがワイン造りに加わります。レイラはブドウ栽培と醸造学の資格を取得後、カナダとニュージーランドでブドウ栽培と醸造を経験。その後、フランスに戻りジュランソン、バスク地方、ラングドック、ドルドーニュなどで更に経験を積みました。ブノワ氏は、今はまだ自身のワイナリーを持っていませんが、2025年にはフォンテーヌ・ド・グリーヴを購入する予定でワインを造っています。ナチュラルワイン界の期待の新人として、今後注目の高い醸造家の活躍に目が離せません。
ブノワ・ペリッセ氏

ラベルの意味

ランヴォル(L'Envol)は冒険の始まり、独り立ちという意味があり
2018年に初めてリリースしたワインという事で命名されました。
白はフレッシュでキリッとした味わい。赤は多くの人に愛させる親しみやすい味わいを
目指して造られています。

ソンティネル(Sentinelle)とは、監視者や場所を守るという意味があります。
Sentin'Ailesというスペルになっていますが、Ailesは羽という意味があり
ブドウ畑の忠実な味方である鳥とコウモリを指して、Sentin'Ailesと命名しました。

メルローやカベルネ・ソーヴィニョンの他にも様々な品種に挑戦

フォンテーヌ・デ・グリーヴの畑は約7ヘクタールあり、ブノワ氏が醸造を始めるまでは、レスティニャックへブドウが卸されていたり、バッグイン・ボックスなどの安価なワインとして名もなく流通していました。ブノワ氏のワイン造りには、欠点がないワインを造る事。そして様々なキュヴェを提供。お客様、一人一人が好みのワインを見つけ、楽しんでもらう事、そしてワインを通して様々な国の方と出会える事です。現在栽培されているブドウは、メルローやカベルネ・ソーヴィニョン、セミヨンが中心ですが、グラップと呼ばれる珍しい地品種をはじめ、シュナン、グロ・マンサン、プティ・マンサン等も栽培しています。

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2020 750ml スーペリアクラス
2020 750ml スーペリアクラス
2020 750ml スーペリアクラス

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る