今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

ルミュアージュRemuage(仏)

  • 別名:動瓶
  • 類似表現:ルミアージュ
  • 関連ワード:シャンパーニュ、瓶内二次醗酵、澱、ピュピトル

瓶内二次醗酵の熟成中に、発生する澱を瓶口に集める為、横に寝かせていた瓶を少しずつ揺らしながら、瓶口を下にして倒立(シュール・ポワント)させていく作業の事。 1か月半かけてほぼ毎日瓶を1/8回転ずつ両手で左右に揺らし、瓶の側面にたまっていた澱を瓶口に集めていく。 昔は、ピュピトルという木製の台を使って手作業で行われていたが、現在は、ジャイロパレットという機械を使って行うことが多い。

ワンポイント!

プロの動瓶士(ルミュアー)は、1日に約4万本もの動瓶作業が出来るという。瓶底に付けたチョークの印を基準に、左右どちらかに45度または90度ボトルを回し、同時に水平に置かれたボトルを徐々に垂直になるまで立てていく。動瓶士や醸造担当者は、何世紀も前から、こうして連続的に瓶を動かすことで、粒子の大きな澱が小さな粒子を抱え込みながら沈むように仕掛け、ワインの透明性を完璧にしてきた。

  • 更新日:2019/06/25

同じカテゴリのワード

栽培・醸造用語