今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

マガジンを読む

ワインのある生活 2017/12/27 by 株式会社モトックス プロースト!!〜ドイツ流・乾杯の流儀(1)〜
ヨーロッパでの乾杯マナーとは??ドイツ在住アラサー女子のてんどーねがお伝えします!

乾杯のマナー、みなさんちゃんと守れてますか〜??

どうも、12月に入って以来ほぼ冬眠状態、ドイツ在住アラサー女子のてんどーねです。毎晩の晩酌にて必死に暖をとっております。

さて、いつの間にか年末にさしかかり、皆さんの予定表に「飲みニケーションイベント」が盛りだくさんかと思います。

友人や同僚とビールやワインなどで盛り上がるのはとっても楽しいですが、上司や取引先などと同席する時は気を使うということもありますよね。
初対面の人との乾杯なんかはとくにスマートにこなしたいところです。

日本の乾杯の現場ではご存知の通り、目上の人よりグラスを低くする、目上の人のグラスの空き具合をチェックする、お酒のラベルが上になる様にして注ぐ...等々、気をつけたいマナーがいくつかありますよね。

飲みニケーションイベント百戦錬磨の読者の皆さんは、これらのマナーをちゃんと守りつつ、楽しい時間を過ごされているかと思いますが、このマナー、なんとドイツをはじめヨーロッパでは全く通じないのであります!(ガ———ン;涙)

しつこいくらいのぉぉ〜、がっつりアイコンタクトォォ———!

では、ヨーロッパでの乾杯は何がマナーなの?!
ということですが、もはやドイツ版『乾杯条例第一条』といっても過言でない、最重要事項は
“乾杯の瞬間相手の目をしっかり見る!”です!

これは多くの場合ヨーロッパ全土で共通するとのこと。
ドイツ初上陸時のてんどーね、もちろん日本式の乾杯をなんの疑いもなく繰り返していたのですが、しばらくしてアラサードイツ人女子に注意されました。
「プロースト(乾杯)の時はちゃんと目を合わせないとダメよっ!」

・・・・・・。 チ————ン  トホホ。。。

なんだかみんなもの凄いでアイコンタクトしてくるな〜
みんなてんどーねに気があるのかしら〜ウフフ(ハ—ト)
と若干まんざらでもなくウツツを抜かしていた自分を猛省&超ハズカシ・・・

ドイツ人女子の間に蔓延る、マナー違反の恐ろしい代償伝説

それにしても本当にドイツ人は乾杯の時に両目をしっかり開いてアイコンタクトを要求(?)してきます。
それがマナーか・・・と半ば納得していたのですが、ある時別の女子から恐ろしい(?)都市伝説を耳にしました。

『乾杯の時に相手と目を合わせない人は、この先7年間恋人との関係が上手くいかない』
(大人フィルターを通してマイルドに書きましたが、これは紛れも無く「夜」の関係のことを意味します!)

つまり相手とのプロースト時にアイコンタクトをしない無礼者への代償は実に大きいワケであります!

あー、どおりでしつこくアイコンタクトされたのね〜納得〜
・・・えーっと、ちょっと待てよ。。。ということはドイツに来た頃のてんどーねはアラサー世代からそんな風に思われてたってこと・・・??!!

はははは、恥ずかしいッ(赤面×赤面×赤面!!)

ということで、てんどーねは皆さんの為に(?)身を以て恥をかきましたので、ヨーロッパの方と乾杯される際は決して同じ過ちを犯さないでくださいませ。
都市伝説の信憑性は定かではありませんが・・・。


投稿者

てんどーね

ドイツ在住のアラサー女子。
ワイン輸入商社勤務を経て、イタリア、日本、イギリスにてワイン資格取得に励むも、現在はノムリエ化。泡モノ好き。
最近は苦手な料理にもトライし始め、マリアージュを意識。一人家飲みもそこそこ、楽しい。