WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

おすすめワイン

【ボルドー編】フランスワインの魅力☆おすすめワイン6選

【ボルドー編】フランスワインの魅力☆おすすめワイン6選

ワイン大国のフランス。有名産地だということはわかるけど何がどう違うの?という方のために、地方ごとに解説&おすすめのワインをご紹介いたします!

産地
by 株式会社モトックス
ワインと言えば『フランス』。
そうお思いの方も多いのではないでしょうか?

「フランス産ワイン」と言ってもそれぞれ地方によって特徴があり、
味わいも様々。
第一回はフランスを代表するワイン産地「ボルドー地方」を特集します。

ここはさすがワインの名産地だけあって、盛りだくさんです!
それでは、ボルドー地方のワインの特徴をご説明いたします☆


【ボルドーワインの特徴】

☆場所はフランスの南西部に位置し、河岸に広がる街。

☆ワインの生産は赤ワインが約90%を占めます。

☆一番生産量が多いブドウ品種は赤ワインに使用されるメルロー種。

☆単一のブドウ品種でできるワインもありますが、数種のブドウから取れたワインをブレンドすることが多いです。(このことをアッサンブラージュといいます)

☆ボルドーワインの最大の特徴はシャトーの格付。
1600年以降、有力者によってシャトーが建築され、1855年にメドック地区のシャトー格付が行われました。
グラーヴ地区、ソーテルヌ地区、サン・テミリオン地区にもそれぞれの格付があります。

☆ワインはそれぞれ原産地呼称統制で分類されており、地方名(ボルドー等)、地区名(メドック等)、村名(マルゴー等)が記載されています。産地が小さくなるほどに、希少性が高くなります。
フランスの地理的表示は「A.O.C.~」と表記されています。

☆それぞれの地区の特徴
【メドック地区】左岸に位置しており、最高クラスの1級から5級まで61シャトーが格付されています。赤ワイン品種のカベルネ・ソーヴィニヨンに適した土地で、コクが強く、しっかりとした味わいのワインが多いです。
【グラーヴ地区】赤・白どちらも良質なワインを産出しています。
【ソーテルヌ地区】甘口貴腐ワインで有名な地域です。
【サン・テミリオン地区】右岸に位置し、メドック地区同様赤ワインの銘醸地。
【ポムロール地区】右岸に位置し、メルロー種主体の赤ワインの産地です。
【アントル・ドゥ・メール地区】辛口の白ワインの大産地で早飲みタイプが多いです。

☆セカンドワインとは、シャトー名を冠したファーストラベルの基準に適合しなかったワインに別のラベルをつけてリリースしたワインのこと。ファーストラベルの品質を高めるためでもあります。ボルドーの有名シャトーに多くあるワインです。

☆もちろん、格付シャトー、有名シャトー以外にもたくさん美味しいワインができる産地です!!(ここ重要)


とまぁ、さすがワインの名産地。
ここだけでこれだけワインに特化した情報が詰まっています。

ワインを知るには絶対はずせないボルドー地方。
では、おすすめのボルドーワインをご紹介いたします!!
【フランス・ボルドー地方、地区】