今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

おすすめワイン&レシピ

バローロとバルバレスコ その違いは?【2018】

バローロとバルバレスコ その違いは?【2018】

一度は耳にしたことがあるイタリアを代表するワイン。その違いは?

赤ワイン 産地 おすすめワイン
by 株式会社モトックス
クリスマスや忘年会など、レストランで食事をする機会が増えるこの時期。
国内のレストランの中でもイタリアンレストランの数は多いので、イタリアワインを楽しむ機会も増えるのではないでしょうか。

「バローロ」、「バルバレスコ」と言えば、一度は耳にしたことがあるイタリアを代表するワイン。では、バローロとバルバレスコ、その違いとは?

バローロ、バルバレスコはイタリアワインの最高峰格付けであるD.O.C.G.に認定されるピエモンテ州の赤ワイン。どちらもネッビオーロ種で造られる長期熟成型のワインです。

バローロは「イタリアワインの王」と称され、19世紀にサルディーニャ王国のカルロ・アルベルト国王に気に入られ、称号を与えられたことが由来とされています。
38ヶ月以上の熟成期間が義務付けられ、伝統的なスタイルのバローロは、強靭なタンニンと男性的な力強い印象。1980年代にはバローロ・ボーイズというモダン派の生産者が登場し、現在では、モダン派・伝統派という枠組みを超え、それぞれの生産者のスタイルが確立しています。

対するバルバレスコは、しっかりとしたタンニンはありながらも、伝統的なスタイルのバローロに比べると滑らか。ネッビオーロの繊細さや女性的なエレガントさがあり、「イタリアワインの女王」と称されます。最低熟成期間は26ヶ月。

伝統に敬意を払い、それぞれの生産者が表現したいスタイルのワインを造る現在。
二つのワインの特徴を明確に伝えることは難しくなりつつありますが、ワイン好きが集まる食事会で、飲み比べを楽しんでみる価値ありです。