今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

エグーレン・ウガルテ

スペインの銘醸リオハの「最上地区」! 質の高いリオハを“リーズナブルに届ける”優れた造り手

生産者の肩書 オーナー ウガルテ家
所在地 Ctra. Nacional 232, Vitoria-Logrono Km.61 01309 Laguardia (Alava) SPAIN Googleマップで見る
ワイナリーHP http://www.egurenugarte.com
国/地域 スペイン スペイン/ラ・リオハ
インポーター 株式会社モトックス

ワイナリー動画

リオハ最上地区「リオハ・アラベサ」を代表するファミリー

ワイナリーの設立は1870年、現在に至る基礎が築かれたのは1957年です。着実な運営で成功を収め、1987年に現在の場所に移転しました。

所有する畑は、リオハの最上地区「ラ・リオハ・アラベサ地区」だけに約120ヘクタール。標高650メートルとリオハの中で一番高く、山間の小さな斜面に非常に小さな区画が点在するのが特徴で、クオリティワイン造りには最高のコンディションが約束されています。その85%で、リオハの代表的品種テンプラニーリョを栽培。自社畑と買いブドウの全てが“高級地区リオハ・アラベサ産”で、ボデガでつくるワインの全てがラ・リオハD.O.C.のワインになります。3,300個に及ぶオークの小樽や地下洞窟のセラーなどを持つ中規模のボデガで、品質と価格のバランスにこだわったワインは、そのコストパフォーマンスの高さで国内外で広く支持を集めています。
山間の畑

受け継がれる情熱

現在のボデガの礎を築いたのが、父ビトリーノ氏(写真右)。
凄まじいパワーの持ち主で、ボデガの地下にある迷路のような石造りの巨大セラーは全て彼の手作りです。ワイナリーの仕事を引退した今でも、セラー造りはコツコツと続けています。そして現在、ワイナリーの経営は息子コルド氏(写真左)の代になりました。コルド氏は自身の会社もいくつか経営するビジネスマンで、彼もまた非常にパワフルかつ明朗快活な人物。ボデガに新たな風を送り込んでいます。
ウガルテ親子

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2018 750ml デイリークラス
2015 750ml スーペリアクラス
2017 750ml カジュアルクラス
2013 750ml カジュアルクラス
2018 375ml デイリークラス
2018 750ml デイリークラス

口コミ

とても美味しいワインでした。
機会があれば、また飲みたいですね(^^)
2014/02/08 by Vino964

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る