今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ディスティッレリア・ピルツァー

博士が造る繊細で澄みきった香りと味わいのグラッパ

生産者の肩書 オーナー ブルーノ・ピルツァー氏
所在地 Via Portegnago, 5 38030 Faver (TN) Italia Googleマップで見る
ワイナリーHP http://www.pilzer.it/
国/地域 イタリア イタリア/トレンティーノ・アルト・アディジェ
インポーター 株式会社モトックス

グラッパに生涯を捧げる

トレンティーノ、ファーヴァーに位置する蒸留所「ピルツァー」。標高が800mにも達し、冷涼な気候であるこの地は、グラッパ造りに重要な高品質の水が豊富で、昔から蒸留が盛んに行われていました。1957年に先代が蒸留所として創業し、現在はブルーノ・ピルツァー氏がオーナーとなっています。
ブルーノ氏は非常に人望が厚く、また行動派でもある人物。彼が父からこの蒸留所を受け継いだ時、運営許可の下りていない蒸留所が含まれており、何度申請しても蒸留所として新たに運営許可を下ろさない政治システムにやりきれなさを感じていました。「それなら自分が許可をする側にまわればよい」と考えたブルーノ氏は市長に立候補し見事当選。1990~2005年の間、市長の職を全うしながら、蒸留所も運営、今までいくら待っても下りなかった自分の蒸留所の運営許可も下ろしました。
現在はイタリアでも有数の研究部門をもつ「Istituto San Michele (サンミケーレ農業研究所)」の蒸留研究室の責任者も務めており、週に3回は研究所に通っているまさに「グラッパ博士」。

最も美しい部分を引き出したグラッパ

ブルーノ氏の誇りでもあるグラッパとアクアヴィーテは、繊細で非常にエレガント。「グラッパはイタリアの歴史が生んだ産物だ。昔からワインといえば貴族、搾り滓からつくるグラッパといえば貧乏人が生計を立てる手段だった。その歴史はイタリアに未だに残る。しかし私はその歴史から解放され、単なるアルコールの高い食後酒ではなく、余計なものが削ぎ落とされた、原料の一番美しい部分を引き出した蒸留酒をつくっていきたい。」と彼は語ります。

ピルツァーのグラッパが美味しいワケ。

1. 蒸留研究所の責任者を務める、すなわち、他のグラッパの生産者達に教授を施す博士ともいえるオーナーが造る蒸留酒。

2. 単にアルコールの高い食後酒ではなく、非常に繊細で澄みきった香りと味を楽しめるグラッパ。

3. ブドウ粕は業者を通してではなく、直接生産者から購入し、搬入後すぐに蒸留。

4. 高品質ながら非常にリーズナブルな価格。

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る