今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

シャトー・グラーヴ・ド・リロン

非常にリーズナブルなボルドー・シャトー

生産者の肩書
国/地域 フランス フランス/ボルドー
インポーター 株式会社モトックス

わずか3世代で拡張し、築き上げたシャトーの名前

現当主の祖父フェルナン レグリーズ氏は隣のブドウ畑のワインメーカーとして15年働いたあと、1905年に当時は2.3haだったこのシャトーを購入しました。その後木と土ばかりの土地も遺産として引き継ぎます。フェルナンが1947年に亡くなった時、レグリーズ家の娘ローザ・バラベスがシャトーを引き継ぎました。そして木と土ばかりの土地にも全てブドウを植えたので、畑は12haにまで大きくなりました。彼女が1986年に亡くなって以来ホセとピエールの二人がシャトーのオーナーとなっています。それまではジェネリックワインとして売っていたシャトーのワインですが、1989年にChateau Graves de Lironのブランド名が作られました。

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る