今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ローガン・ワインズ

旧世界とニューワールドの融合。オーストラリアワインの常識を覆すフィネスとエレガンス!

生産者の肩書 オーナー醸造家 ピーター・ローガン氏
所在地 1320 Castlereagh Highway Apple Tree Flat Mudgee, NSW 2850 Australia
ワイナリーHP https://www.loganwines.com.au/
国/地域 オーストラリア オーストラリア/ニュー・サウス・ウェールズ
インポーター 株式会社モトックス

ワイナリー動画

オーナー醸造家ピーター・ローガン氏の明るく優しい人柄が伝わるワイン

ローガン・ワインズは、オーストラリアを代表する冷涼な産地、標高500-1000mに位置するニュー・サウス・ウェールズ州の「オレンジ」地区、「マジー」地区で1997年よりワイン造りを行う醸造所です。オーナーである醸造は設立者でオーナーでもあるピーター・ローガン氏自らが行います。
ローガンが産み出すワインは正に「現代オーストラリアの象徴」ともいえる味わいで、オーストラリアで新しいトレンドとなっているクールクライメイト(冷涼な気候下で生産されるワイン)のワインの代表格となっています。
その評価は毎年うなぎ上りに上がり、多くの金賞や評論家の評価を獲得するオーストラリアきっての醸造所に成長しています。
ピーター・ローガン氏

パワーとフィネスを兼ね備えたコストパフォーマンスに優れたワイン

ピーター氏が目指すワインは、オーストラリア・ワインの良さであるパワーと恵まれたフルーティな果実味、それに旧世界の繊細さ、骨格、バランスを融合させた独自のワインです。理想とするワイン造りに選んだのはオーストラリアで最も冷涼な気候を持つ産地の一つである「オレンジ」地区、「マジー」地区(標高500?1100m)でした。この地はオーストラリアの中でも日照時間が非常に長く、そして寒暖差が大きい冷涼な気候帯であることから、果実味がしっかりとしていて、尚且つエレガントでしなやかな他にはないオーストラリア・ワインを産みだしてくれます。

飲み手の心に届くワイン

元々薬剤師であったローガン氏は、学生時代に訪れたヨーロッパでワインとの衝撃的な出会いを経験し、食とワインに深い情熱を抱くようになりました。この思いは留まるどころか更に彼を突き動かし、ついに彼は転職を決断します。24歳の時に将来のため畑を購入、時を同じくして、オーストラリアの名門ワイナリー『リンダマン』や『アローズ・フィールド』の醸造を手がけていた醸造家サイモン・ギルバート氏の門を叩き、彼のもとで修行をします。サイモン・ギルバート氏との出会いにより、ローガン氏は自分の天職が何であるかを確信し、名門アデレード大学のローズワーシーカレッジで本格的に醸造学を学びました。そして、27歳の時、念願の自らのワイン(1997年ヴィンテージ)をリリース。ローガン・ワインズがスタートしました。

まだ40代の若さですが、これまでに数々の賞を受賞、国内外のメディアにも取り上げられ、注目を集めています。

『良質なワインを納得いく価格で多くの人に飲んでもらいたい』。
“毎日の生活を豊かにしてくれるワイン”をコンセプトに、異なった3つのブランドを誕生させ、それぞれのシーンに合った良質のワインを世に送り出しています。

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2015 750ml カジュアルクラス
2018 750ml カジュアルクラス
2018 750ml カジュアルクラス
2018 750ml カジュアルクラス
2017 750ml カジュアルクラス
2018 1500ml スーペリアクラス
2016 750ml カジュアルクラス
2015 750ml カジュアルクラス
2016 750ml カジュアルクラス
2017 750ml カジュアルクラス
2018 750ml カジュアルクラス
2018 750ml カジュアルクラス
2016 750ml スーペリアクラス
2016 750ml カジュアルクラス
2017 750ml カジュアルクラス
2013 750ml デイリークラス
2012 750ml スーペリアクラス
2013 750ml デイリークラス
2016 750ml デイリークラス
2016 750ml デイリークラス

口コミ

オーストラリアなのに、厚すぎない果実味と綺麗な酸。まさにニューワールドとヨーロッパのいいとこどり(^^)
2015/03/16 by とだちゃん

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る