今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

シャトー・ド・リュー

設立わずか3年で四ツ星獲得! “愛らしさ”が魅力のミネルヴォア注目の生産者。

生産者の肩書 オーナー兼醸造家 エマニュエル・ド・ソス氏
所在地 2 Rue de la Jugie11160 Rieux Minervois Googleマップで見る
国/地域 フランス フランス/ラングドック&ルーシヨン
インポーター 株式会社モトックス

“愛らしさ”が魅力!ミネルヴォア注目の若手生産者

「シャトー・ド・リュー」の魅力は何と言っても“愛らしさ”。ワインに溢れるこの愛らしさはオーナー、エマニュエルの人柄そのものです。

シャトーは1866年以来、5世代に渡ってワイン造りをしてきました。現オーナー、エマニュエルの初ヴィンテージは1998年。設立からわずか数年で、次のミネルヴォアを担う期待の若手生産者として、昨年『LA REVUE DU VIN DE FRANCE』でも星の数ほどの生産者の中から「ラングドックの偉大な赤ワイン」の生産者に選ばれました。
2003年からは『アラン・デュカス』を始め世界各国の三ツ星レストランでソムリエとして活躍したジル・デプレ氏という強力なパートナーを迎え、ヴィンテージ毎にその輝きを増しています。

真っ直ぐに成長していくシャトーの将来が見えるようなワイナリー。一度会ったら誰もが絶対に好きになる彼の無邪気な笑顔は、ワインの楽しさを素直に教えてくれます!
セラーの外観

出会った人を笑顔にする人柄が魅力!

エマニュエル氏のやさしい人柄と柔らかい物腰は、ワイナリーを訪問する誰をも一瞬でリラックスさせてしまう魅力があります。
驚くことに、なんと常駐で作業をするのはエマニュエル氏ただ一人!「僕が全部一人でやっているよ!」という彼からは熱い想いが伝わってきます。
栽培面積:25ha  収量:30hl/ha(少ない!)

●エマニュエルさんより日本のみなさまへ●
「このような田舎で作ったワインが届いて嬉しく思っています。自分は全身全霊でワインを作っています!皆さん楽しんで飲んでください!」
オーナー兼醸造家 エマニュエル・ド・ソス氏

頼りになる相棒ジル

アラン・デュカスでシェフ・ソムリエを務めたジル・デプレ氏が、エマニュエル氏のパートナーです。ジル氏は現在でも、デュカス氏の要請で世界各地で行われるデュカス氏のプロジェクトのメンバーとしても頼られる、確かな実力を持つソムリエです。そんなジル氏がワイナリーに加わることで、シャトー・ド・リューの品質はゆるぎないものとなっています。純粋にワイン造りに没頭するエマニュエルの、頼りになる相棒として活躍しています。
パートナーのジル氏

アロマティックかつフルーティでエレガントなワイン

アロマティック、フルーティでありながらフレッシュなヴィオニエ。
このスタイルを出すために、樽を使用していますが、樽香がつきすぎないように500Lの大き目の樽を使用しています。

恵まれたテロワールとブドウの品質にこだわり

「もっと美味しいワイン」を求めて、一番こだわるのはやはりブドウの品質。
もともとリューの畑は、ミネルヴォア最上のテロワールをもつ「ラ・リヴィニエール」と一続きの土壌の恵まれた区画にあります。畑は村を横切る川を挟んだ両側にあり、同じ石灰質でも異なる個性をもつブドウができます。
元々この土地にはシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランが植えられていたらしいのですが、徐々にヴィオニエに植え替えており、今後白ブドウはヴィオニエのみにしていくつもり。この蔵の白ワインの品質の高さには誰もが驚いてしまいます。

夜明け前に収穫

ミネルヴォワは南仏でも特に昼間の暑さが厳しい地域ですので(陽射しがあまりにきつく地元の人でも真夏は外には出られないそうです!)、この蔵では収穫は深夜から準備を始めて、夜明け前には終わらせるようにしています。ブドウの酸を保ち、きれいな果汁を得る工夫です。
普段はエマニュエル氏一人ですが、収穫になると友達が無償で手伝いに来てくれるそうです。これも人柄ですね。

小さな小さな醸造所

シャトーといいながらも、本当に小さな醸造所、というのが第一印象のシャトー・ド・リュー。でも、このセラーは完璧です。半分地中に埋まっているため、暑い南仏の夏場でもとても涼しく温度を一定に保つことができます。
シャトー・ド・リューのヴィオニエは、きれいな酸が持ち味で、その酸がヴィオニエ特有の華やかな香りをとてもエレガントにまとめています。昔ながらの南仏にありがちなだらっとした感じは一切ありません(初めて出会った時は、この味わいに思わず声を上げてしまったほどです)。これは、この小さなセラーにも秘密があります。

「新樽が届くときは、ブドウを収穫するのと同じくらい心がワクワクする」、という少年の心を持った魅力的な生産者。話しているとワクワクが伝染してきます。
ヴィオニエの入った新樽

『ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌』では「ラングドックの偉大な赤ワイン」の生産者に選ばれました!

まだ無名で初めてワインをリリースの時に、パリのサロンで大評判となったシャトー・ド・リュー。
モトックスの試飲会でも、お客様のアンケートで居並ぶ多くのワインを押さえて白ワイン人気NO.1に輝いたこともあります。
レ・レヴュ・ド・ヴァン・ド・フランス誌をはじめ、ロバート・パーカー氏の「世界のベスト・バリュー ワイン」でも取り上げられています。

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2012 750ml
2011 750ml カジュアルクラス

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る