今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ドメーヌ・フィリップ・ジルベール

優れたビオディナミのドメーヌとして注目されるメヌトゥー・サロン

生産者の肩書 オーナー フィリップ・ジルベール氏
所在地 Les Faucards 18510 Menetou-Salon Googleマップで見る
ワイナリーHP http://www.domainephilippegilbert.fr/
国/地域 フランス フランス/ロワール
インポーター 株式会社モトックス

メヌトゥー・サロンでトップの造り手を目指して

1768年より父から子へと受け継がれてきた畑をもとに、1900年ごろからワイナリーとして少しずつ大きくなり今に至るドメーヌです。メヌトゥー・サロンAOCは、現当主のフィリップ・ジルベール氏の祖父、ポール氏の代に、新たにアペラシオンとして認定されました。

■ピノ・ノワールの割合が多い
フィリップ・ジルベールは、所有する27.5ヘクタールの畑の実に55%に当たる15ヘクタールがピノ・ノワールの畑という、メヌトゥー・サロンにおいてはピノ・ノワールの栽培比率の高いワイナリーです。それは、フィリップ氏の父であるジャン・ポール氏がピノ・ノワールに夢中であったことから、この地域のほとんど全てのピノ・ノワールの畑を購入したことに由来します。白ワインで有名なロワール・サントルの地区において、かなり広いピノ・ノワールの畑を所有する形となったのはこのような背景があったからです。

■5代目、フィリップ・ジルベール氏の夢
5代目で現在のオーナー、フィリップ・ジルベール氏は1998年、「マイナー産地のメヌトゥー・サロンから最高級ワインを生み出す!」という大志を抱きワイナリーを継承。オルレアンやサンセールで活躍する醸造家のジャン・フィリップ・ルイ氏を招き入れ、トップレベルのワイン造りとボトリング技術を導入しました。4つの村にまたがる畑は、2006年よりビオディヴァンの厳しい認定を受けたビオディナミを採用しています。
畑の様子

ワイン造りを心から楽しむ情熱家

「この地で最高のワインを造る」と心に決めた現当主、フィリップ・ジルベール氏の努力は、まず畑に向かいます。4つの村にまたがる畑は区画毎にきっちりと管理され、ビオディナミ農法が実践されています。

彼の経歴は特殊・・・と言ってもいいかもしれません。10年以上もの間、世界を飛び回ったあと、家族事業のワイナリーへと戻るわけですが・・・高校を卒業したあと、リヨンにある商業専門学校のあと、パリのサイエンス・ポリテクニックの学校にてディプロマを取得。その後、ロシア、ルーマニアと移り住み、その後は、演劇に魅せられのめり込むことになる。パリやオルレアンの劇場での演劇に一段落がついた頃、1998年にワイナリーに戻ることになりました。通常のワイナリー家系は、学校は自動的に醸造科に進み、その後はどこかのドメーヌに勤めて実践を積み、家業であるワイナリーを継ぐ、というのが流れですが、彼の場合は、そうではなく、全く関係のない経験をし、その後にワイナリーに戻る決心をしました。

2012年7月にはメウトゥー・サロンで初めてのワインバーをオープンする予定もあり、様々なことに挑戦しています。
オーナー フィリップ・ジルベール氏

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2012 750ml スーペリアクラス
2012 750ml スーペリアクラス
2009 750ml スーペリアクラス
2010 750ml スーペリアクラス

口コミ

うまのお気に入りー♡
2013/11/15 by ゆま

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る