今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

カタッボ

芳醇な果実味たっぷりの、モリーゼ産ワイン

生産者の肩書 オーナー ヴィチェンツォ・カタッボ氏
所在地 C.DA PETRIERA 86046 SAN MARTINO IN PENSILIS (CB) ITALY Googleマップで見る
ワイナリーHP http://www.catabbo.it/
国/地域 イタリア イタリア/モリーゼ
インポーター 株式会社モトックス

カタッボ氏が1994年からスタートさせたワイナリー。品質は年々向上しています

アドリア海沿いの1990年設立の家族経営ワイナリー。
オーナーのヴィンチェンツォ・カタッボ氏は、ヒマワリ栽培者として成功していましたが、ブドウ栽培に絶好の地を発見し、1990年に購入。1994年から自社瓶詰めを開始し、自身のワイナリーをスタート。厳格な栽培方法の実践と最新の醸造技術を投入、エノロゴにはマルコ・エルコリーノ氏とジュゼッペ・ピッロ氏を迎えています。ワインの品質は年々向上、最近ではイタリアワイン評価誌で高評価を受けるようになり、新進気鋭のワイナリーとして州を代表する生産者の頭角を現しています。

マイナーな産地ながら、恵まれた環境!

カタッボの畑は、美しいアドリア海に面した広大な平原を見下ろす、標高300m程のなだらかな丘の斜面にあります。
大理石を含む特殊な地質で、ブドウ栽培には理想的な土壌です。このためワイン名「ペトリエラ(Petriera)」は、「石」を意味するピエトラ(Pietra)の方言から名づけられました。海から程近い場所のため、適度な湿度を含む海風と山からの乾燥した風、これが良質のブドウを育み、護ってくれているのです。

ワインはブドウの影(シルエット)

カタッボの理念は「ワインはブドウの影(シルエット)であり、ワインの品質の95%は畑で決まる。自分達の所有するテロワールで、ブドウの細部まで注力して育て上げ、品質のみに焦点を当てた、卓越した固有のワインを造る。」ことを目標としています。

●ワインのコンセプト
・土地の個性、テロワールが表現されていること。
・ワインの味わいの必須要素:複雑性と個性
・イメージ:「太陽のワイン」これは南イタリア特有の表現であり、
 ワインは、豊満な果実味の中に複雑性と深みがあり、バランスが
 取れていること。テロワールの個性が反映されたワインは印象
 に残る品質になっている。

●哲学
卓越した個性の特別なワインを造ること。自分達の所有する
テロワールで、ブドウの細部まで注力して育て上げ、「質」
にのみ焦点を当てて取り組むこと。これを実行している者
のみが、事実に反しない正真正銘のポテンシャルを表現する
ことができる、と考える。良いワインはよいブドウからのみ
造ることができるのである。伝統的農業知識を尊重しつつ、
最新の技術を取り入れます。

ワイン

ワイン名をクリックして、商品詳細をご覧ください。
:赤ワイン:白ワイン:ロゼ
ワイン名 年代 容量 種類 価格帯
2020 750ml カジュアルクラス
2017 750ml スーペリアクラス
2017 750ml カジュアルクラス
2019 750ml デイリークラス

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る