今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

デスパーニュ

あのモン・ペラを擁し、20年以上英国航空に採用される実績を誇る ヨーロッパ随一の名門

生産者の肩書 オーナー ティボー・デスパーニュ氏
所在地 33420 Naujan et Postiac FRANCE Googleマップで見る
ワイナリーHP http://www.despagne.fr/
国/地域 フランス フランス/ボルドー
インポーター 株式会社モトックス

ワイナリー動画

シャトー・モン・ペラで有名なデスパーニュ家が「自分達のシンボル」という特別な想い入れを持つシャトー

250年にわたり代々ワイン造りを行ってきた家系だが他の農業との兼業で、ワイン造りに専念したのは父ジャン・ルイの代から。デスパーニュ家はジャン・ルイの代になってからシャトー・トゥール・ド・ミランボーの畑を拡げ他のシャトーも購入していくが、一家の始まりとなったのはトゥール・ド・ミランボー。このため、トゥール・ド・ミランボーは現在でもデスパーニュ家にとって全てが始まったかけがえのないシャトー、デスパーニュ家のシンボルとして特別な意味を持ち続けています。

最も早くステンレス・タンクを導入したシャトーの一つであり、そのためフレッシュなスタイルの白ワインがヨーロッパ、特にオランダやイギリスで名声を博しました。各地のワインショップで雪だるま式に有名になっていったのが、英国航空のバイヤーの目に留まります。そしてレゼルヴが機内サービスの白ワインとして採用され、主に国際線ビジネスクラスで20年以上に亘り(2010年現在)採用され続けるという実績を誇ります。2001年には英国航空のベスト・サプライヤーとしての表彰も受けるほど。また英国航空でミランボーを覚えた消費者が自国に帰ってからも捜し求めてくれたお陰で世界中に名声が広まりました。

「常に向上を目指す」革新的な考え方を持つ生産者

「常に向上を目指す」をスローガンに「小さな村からのワインが世界中で開けられる」事を願い、「無名なアペラシオンから素晴らしいワインを造る」事を目指しています。

ボルドーというフランスでも銘醸地にありながら、親子二代ともニュー・ワールドでの経験を持っていたり先進技術を率先して導入したりする等、革新的な考え方を持つ生産者です。

「とにかくブドウに優しい醸造を」

「とにかくブドウに優しい醸造を。ブドウを尊重してワインを造っています」とティボーは語ります。

醸造過程でワインの移動にはポンプは全く使用せず、ブドウはタンクに直接入れます。

タンニンの抽出は醸造過程の中でも大切な時期で、五感を駆使して考慮に考慮を重ねた上で判断しなければなりません。そのため、ルモンタージュは24時間体制でスタッフが交代で行います。最高のコンディション中で最良のタンニンのみを抽出させる為に、タンク毎に注意深く見守らなければなりません。そして時期を見計らってルモンタージュの回数を減らします。

ミッシェル・ローランが父ジャン・ルイの古くからの友人であるためコンサルタント契約しているモン・ペラ以外のシャトーにもアドバイスをくれます。また、サン・テミリオンから車で10分程に位置しているため、親しくしているテュヌヴァン氏(ヴァランドロー)やアラン・ボティエ氏(オーゾンヌ)の意見も聞いています。

新着記事

新着記事をもっと見る

ワインにあうレシピ

ワインにあうレシピをもっと見る