今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

サヴィニィ・レ・ボーヌSavigny-l�s-Beaune(仏)

  • 関連ワード:フランス、ブルゴーニュ、コート・ド・ボーヌ

フランス、ブルゴーニュ地方にある村名。サヴィニィ・レ・ボーヌ村と小川を挟み、コルトンの丘側とボーヌの丘陵側に分かれる。いずれの側でも一級畑は丘陵の上方に、村名畑は下方に位置する。特級畑はない。コルトンの丘側は南向きの一級畑が多く砂利質の土壌。ミネラル感があり、よく熟したワインが生まれる。ボーヌの丘側の一級畑は東向きで石灰岩に砂質が混ざり、繊細なスタイルのワインが生まれる。【使用品種:ピノ・ノワール、シャルドネ】【タイプ:赤・白】

ワンポイント!

ボーヌの村名白ワインはシャルドネのほか、ピノ・ブランが補助品種として認められている。また、ボーヌの一部A.O.C.ではピノ・グリも認められている場合がある。サヴィニィ・レ・ボーヌには存在しないが、ボーヌでも特級畑になるとシャルドネのみとなる。

  • 更新日:2018/06/27

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前