今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

ラインガウRheingau(独)

  • 関連ワード:ドイツ、特定栽培地域、シュペトレーゼ、アウスレーゼ

ドイツの13の特定栽培地域のひとつで、世界的にも有名なワイン産地。ライン川を挟んでラインヘッセンの北側に位置し、畑はライン川の北側沿いに東西に細長く広がる。多くの斜面が南向きに面し日照が充分確保できるのに加え、ライン川とタウヌス山地に挟まれている為、地中海性に近い温暖な気候。辛口から中辛口のリースリング、ふくよかなシュペートブルグンダーが造られる。白ブドウと黒ブドウの比率は85:15。時代の影響を受け辛口が増えてきているが、取引で最高値のつく極甘口のベーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼ等も造られている。 歴史的にも重要な産地であり、8〜9世紀にはカール大帝によるブドウ栽培が始まり、その後もシトー派などの修道院がワイン造りを発展させ、1775年にはヨハニスベルク城においてブドウの遅摘み法の発見、1783年にアウスレーゼの開発が行われた、と言われている。 【ベライヒの数:1】【栽培面積:3,186ha】【生産量:200,056hl 】(2016年)

ワンポイント!

ドイツのワインの二大銘醸地と言われるラインガウとモーゼル地方。気候の影響もありラインガウの方が力強いスタイルが多い、と言われる。 ラインガウのワインは、18世紀から20世紀初めまで、世界で最も高級なワインの一つとして取引されていた。イギリスでは、ラインワインは一般的にホックワインと呼ばれているが、事の一つ名前の由来はホッホハイム村にある。ビクトリア女王が1845年にこの地を訪れた後にこの名前が広まり、畑名にも女王の名前が残っている。

参考例

  • 更新日:2019/06/25

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前