今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

セミ・マセラシオン・カルボニックMaceration semi-carbonique

マセラシオン・カルボニック法のひとつ。通常のマセラシオン・カルボニックで利用する二酸化炭素はガスボンベやドライアイスをタンクに入るなどの方法で人為的に注入される。これに対しセミ・マセラシオン・カルボニックではブドウのアルコール醗酵から二酸化炭素を得る。この場合はタンクに全房のままブドウを投入・密閉→タンク下部で潰れたブドウがアルコール発酵→出てきたCO2がタンク内を満たす、という流れになる。

ワンポイント!

人為的な介入を嫌う自然派のワイン生産者が取り入れている事が多い。二者の効果についてはあまり差が無い、と言われている。

UPDATE : 2021/10/15