今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

ナウサNaoussa(ギリシャ)

  • 類似表現:ナウーサ
  • 関連ワード:ギリシャ、マケドニア、クシノマヴロ、PDO

ギリシャ、マケドニア地方の中部にある産地、その産地のワイン。クシノマヴロ100%で造られる赤ワインがPDOに認められている。典型的なスタイルは中程度の濃さの色で、酸は高く、ドライなタンニンのミディアムボディ。 1971年にギリシャで最初に原産地呼称の認定を受けた最も重要な産地。冷涼な地中海性気候で、昼・夜の寒暖差が大きい。ヴェルミオ山の北東斜面、標高200~500mに畑が広がる。

ワンポイント!

ナウサ地区のワイン造りの歴史は少なくとも16世紀に遡る。そして、トルコの統治下にあった時代から20世紀、ブドウはナウサの主要作物で、輸出によってこの地は繁栄を呈した。主な品種はクシノマヴロで、ゴブレ仕立てで高密度での栽培が行われていた。その後フィロキセラの発生と二度の世界大戦により、ナウサのブドウ畑は大きな損害を被り、畑が復興されたのは1970年以降になってからのこと。1971年のVDQS認証により変革が起こり、今日、ナウサには500haのブドウ畑と20ワイナリーがあり、ギリシャで最も重要なワイン産地の一つに数え上げられる。

  • 更新日:2020/06/15

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前