今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

シュタインフェーダーSteinfeder(独)

  • 別名:きゃしゃな野草
  • 類似表現:シュタイン・フェーダー,シュタインフィーダー,シュタインフィーダー
  • 関連ワード:ヴァッハウ、フェーダーシュピール、スマラクト

オーストリア、ヴァッハウ地区の独自の品質分類で、軽いスタイルの白ワインのカテゴリー。 シュタインフェーダーというのは直訳すると、Stein(シュタイン)(=石)+Feder(フェーダー)(=羽)。ふわふわした綿毛のような『スティパ・ペンナータ』という野草がヴァッハウの産地の辺りに自生しているのだが、その羽の様に軽く、香りの良い野草が、軽くチャーミングなワインのイメージに合うので、この名前がついた。オーストリア国内のワイン法で区分すると、『クヴァリテーツヴァイン』のランクに属する。 KMW糖度は15~17度要。残糖4g以下の辛口、アルコール度数は11.5度以下。

ワンポイント!

協会自身も言っているが、こういうふんわりした概念でのワインの品質分類は、世界的にも例を見ない。 ちなみに、スティパ・ペンナータという野草は、タンポポの綿毛を長く伸ばしたような形状をしている。ご興味のある方は、是非ヴァッハウの協会のHPをご覧ください。

  • 更新日:2021/07/16

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前