今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

おすすめワイン&レシピ

穏やかな春の日に 弱発泡性(微発泡性)ワイン 【2020】

穏やかな春の日に 弱発泡性(微発泡性)ワイン 【2020】

春の家時間は優しく弾ける泡のワインで

スパークリングワイン 季節・シーン おすすめワイン
by 株式会社モトックス
ぷちぷちと控えめに泡立つ弱発泡性のワイン。
優しい刺激と軽やかな口当たりは、穏やかな春の季節にぴったりです。
ゆったりくつろぐ春の家時間に、弱発泡性ワインはいかがでしょうか?

弱発泡性(微発泡性)ワインとは、ワインに含まれる泡の強さが3気圧未満のワインのことで、フランスのペティアン、イタリアのフリッツァンテなどが弱発泡性ワインです。

優しくやわらかい泡とともに、ブドウ本来のピュアな果実味が楽しめる弱発泡性ワイン。
味のタイプは甘口から辛口まであり、手に取りやすい価格のものが多く、アルコール度数も一般的なワインに比べて低めなので、その日の気分に合わせて自由に選べる気軽さが、弱発泡性ワインの魅力です。

本を読みながら、音楽を聴きながら、映画を見ながら…
辛口のワインであればハムやサラミ、サンドイッチ、甘口であればフルーツタルトやアイスクリームなどに合わせて。

ぽかぽかと穏やかな春に飲まない手はないワインです。