今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

おすすめワイン&レシピ

今買うべきブルゴーニュ 【2020】

今買うべきブルゴーニュ 【2020】

手の込んだ料理やレストランのテイクアウトと。家飲みでちょっといいワイン。

赤ワイン 産地 おすすめワイン
by 株式会社モトックス
「Stay Home」の呼びかけから早や二か月。
自宅で過ごす時間が長くなっても、今までと同じように、平日は平日、休日は休日らしくメリハリのある毎日にしたいですね。

ささっと作って食べられる平日ご飯とは違う、時間をかけて手の込んだ料理をじっくり作ってみたり、毎日続く3食の食事作りをお休みして、レストランでテイクアウトをしてみたり。休日だからこそ、いつもと違う料理に、ちょっといいワインを合わせて、休日の食事を楽しみませんか?

休日におすすめしたいワインの一つは、ブルゴーニュワイン。
ブルゴーニュ地方は、ワイン造りにおいて長い歴史があり、世界的に有名な高級ワインとして知られるロマネ・コンティをはじめ、数多くの傑出した赤ワイン、白ワインが生まれる産地。ブルゴーニュワインという言葉には、何とも言えない特別感があります。

2018年のブルゴーニュグランクリュの平均価格は625万ユーロ/ha、最高価格は1450万ユーロ(フランスの農業、金融省の監督のもとに農地売買の公的仲介をする非営利組織SAFERによる)だそうです。1haから造られるワインの量を考えると、その価格にただただ驚きます。

そして、2012年以降の度重なる天候不順によって生産量は激減。加えて、現地価格の上昇にユーロ高の影響もあり、日本のブルゴーニュワインの価格は、2~3年前に比べて1.5倍以上まで上がっています。

価格が高騰し、非日常なワインになりつつあるブルゴーニュワインですが、手が届く価格で、テロワールを表現した唯一無二の味わいを楽しませてくれるものがまだまだあるのです!

今回は、休日を豊かにするワインとして、今おすすめしたいブルゴーニュワインを、その理由とともにご紹介します。