今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

クロ・パラントゥーCros-Parantoux(仏)

  • 類似表現:クロ・パラントー,クロパラントゥー,クロ・パラントゥ
  • 関連ワード:フランス、ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイ、ヴォーヌ・ロマネ、プルミエ・クリュ、アンリ・ジャイエ、メオ・カミュゼ、エマニュエル・ルジェ

ヴォーヌ・ロマネ村の有名な一級畑の畑のひとつ。リシュブールのすぐ西側の斜面に隣接。特級畑より斜面の上に位置しており、石が多く、より冷涼な畑。1haしかない畑から造られるワインは、『ブルゴーニュの神様』と呼ばれたアンリ・ジャイエ氏の代表作であった事から、大変な人気の畑となった。【使用品種:ピノ・ノワール】【タイプ:赤のみ】

ワンポイント!

クロ・パラントゥ―はアンリ・ジャイエ氏が亡き後の現在1/4を甥のエマニュエル・ルジェが、3/4を愛弟子のジャン・ニコラ・メオ氏のメオ・カミュゼが所有している(2018年現在)。通常ブルゴーニュの畑のクロ(Clos)は「囲われた」という意味から畑の名前に使われることが多いが、クロ・パラントゥ-は「Cros」(lでなくr)となっている。Crosは、石灰を意味するcraisや、窪みを意味するcreuxが訛ったという説がある。

  • 更新日:2018/06/28

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前