今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

ビオロジックbiologique(仏)

  • 別名:有機栽培
  • 関連ワード:ビオワイン

有機栽培のこと。ビオワインと呼ぶ人もいるが、ビオワインには定義がないので曖昧である。有機認証団体により細かい定義は異なるが、通常のブドウ栽培と大きく違うポイントは下記の通り。①化学肥料、除草剤、殺虫剤など化学物質を畑で使用しない②認証を得るには有機栽培をはじめてから4年経過してから③銅、酸化防止剤(亜硫酸塩)の使用は許可されるが、制限値がかなり厳しくなる④認証にはお金がかかる。

ワンポイント!

認証にお金がかかることを嫌って認証は取得しないが、実際はビオロジックよりはるかに厳しい基準でワインを造っている生産者もあるので、認証があるから最善というわけではない。

  • 更新日:2019/06/25

同じカテゴリのワード

栽培・醸造用語