今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

クロ・ド・ラ・ロッシュClos de la Roche(仏)

  • 関連ワード:ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイ、モレ・サン・ドニ、グラン・クリュ

フランス、ブルゴーニュ地方のモレ・サン・ドニ村に位置する5つの特級畑のひとつ。モレ・サン・ドニの中で一番北に位置し、面積が最も大きい。石灰質の割合が多く力強いワインが生まれる。 石灰岩が主体で土壌は厚さは30cmしかなく、わずかに砂利やその名の起源となった大きな石塊が露頭している。 【使用品種:ピノ・ノワール】 【タイプ:赤のみ】

ワンポイント!

☆栽培面積:16.84ha ☆そのワインは個性的で、重々しく深みのあるシャンベルタンにより近い、と言われる。赤や黒の果実よりも、腐植土やトリュフの香りが強い。

  • 参考:http://www.bourgogne-wines.jp/our-wines-our-terroir/all-bourgogne-wines/clos-de-la-roche,2640,9884.html?&args=Y29tcF9pZD0xNzk4JmFjdGlvbj12aWV3RmljaGUmaWQ9Njg4Jnw%3D
  • 更新日:2020/03/26

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前