今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

ワイン用語辞典を見る

キャップ・クラシックMethode Cap Classique(英)

  • 別名:MCC,メソッド・キャップ・クラシック
  • 類似表現:キャップクラシック
  • 関連ワード:シャンパーニュ、メトド・シャンプノワーズ、プレステージュ

南アフリカで瓶内二次醗酵によって造られるスパークリングワインの事、及び、南アフリカでは、瓶内二次醗酵の製法がこう呼ばれる。ベースとなるスティル・ワインを瓶に詰めて糖分と酵母を加え、王冠栓で密閉した状態を保って瓶内二次発酵を行う。 1992年にキャップ・クラシック・プロデューサーズ協会が発足し、正式に『キャップ・クラシック』と呼ばれるようになったが、造り始めたのは1971年にさかのぼる。瓶内最低熟成期間は9か月(2021年ヴィンテージから12か月に変更予定)。品種の規定は無いが、シュナン・ブラン、ピノ・ノワール、シャルドネを中心に造られている。

ワンポイント!

キャップ・クラシック・プロデューサーズ協会では、現在、キャップ・クラシックの上級クラス、『プレステージュ(仮称)』の準備を進めており、2021年に施行を目指している。

参考例

  • 出典:http://www.capclassique.co.za/index.html

  • 更新日:2021/07/08

同じカテゴリのワード

ワインの産地・名前

栽培・醸造用語