今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

鴨のロースト バルサミコと山椒のソース

鴨のロースト バルサミコと山椒のソース

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず

赤ワインにピッタリの鴨料理をご紹介。

皮目はカリッと、中はしっとりジューシーに焼き上がった鴨。噛むごとに溢れるお肉の旨みと脂の甘み。ソースは、バルサミコ酢と山椒の佃煮で作ります。

山椒の佃煮、もちろん、瓶詰めで売っているものでOK。
ピリッとした爽やかな刺激が、お肉の旨みや脂ととっても相性がいいんです。
煮詰めたバルサミコの甘みと山椒の刺激が、更に鴨肉をおいしくしてくれますよ♪

材料

【材料 2〜3人分】

鴨ロース肉   1枚(約350g)
塩       小さじ3/4
にんにく    1/2片
バルサミコ酢  大さじ3
醤油      大さじ1
ハチミツ    大さじ1
山椒の佃煮   小さじ2
ジャガイモ   適量
クレソン    適量

材料写真1

作り方

STEP1

肉に塩をまぶす(皮目に小さじ1/2、身の方に小さじ1/4)。身の方には、おろしにんにくもまぶす。ジャガイモは皮をむき、1cmの厚さに輪切りにする。(新ジャガは皮のままでOK)クレソンは食べやすい長さに切る。

1
STEP2

フライパンに油を敷かずに、強めの中火で皮面だけ3分焼く。バットかお皿に取り出し、10分おく。(この間にオーブンを250℃に余熱する)

2
 

250℃に熱したオーブンで12分焼く。この時にジャガイモも並べて一緒に焼く。

3
STEP4

ソースを作る。小さい鍋かフライパンを弱火にかけ、バルサミコ酢を半分くらいになるまで煮詰める。

4
STEP5

粗く刻んだ山椒の佃煮を加えて、30秒煮たら、醤油とハチミツを加えて、一煮立ちさせる。

5
STEP6

焼き上がった鴨は、ホイルに包んで10分おき、余熱で火を通す。切ってお皿に盛り、ソースをかける。ジャガイモとクレソンを添える。

6

このレシピのコツ・ポイント

ポイントは、山椒を使うこと。
鴨肉の質感に、山椒のピリっとした刺激と鼻に抜ける香りが絶妙に合います!!
香ばしい醤油とまろやかなバルサミコの風味も鴨とはとっても相性がいいですよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

鴨肉は、鉄分を感じたり、味わいがしっかり強めなので、ミディアムボディからフルボディの赤ワインが合います。

中でも、品種のオススメはシラー(シラーズ)です。
シラーならではの、スパイシーさとしなやかなタンニンが、鴨肉の質感や山椒のスパイシーさにピッタリ!
ワインの果実の甘みと煮詰めたバルサミコの甘みもピッタリです。

例えばこんなワイン

ラ・フォルジュ・エステイト シラー

ドメーヌ・ポール・マス

ラ・フォルジュ・エステイト シラー

  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

果実の凝縮感が鴨の旨みとマッチ。シラーならではのスパイシーさが山椒の風味と心地よいマリアージュ。

T リミティッド・リリース シラー

ビーニャ・カサ・タマヤ

T リミティッド・リリース シラー

  • スーペリアクラス
  • チリ / コキンボ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

チリとは思えないエレガントな酸味と質感には驚き!鴨の旨みを引き立ててくれるミネラル感もあります。

コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ 赤 レ・シス ケランヌ

ブティノ

コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ 赤 レ・シス ケランヌ

  • スーペリアクラス
  • フランス / コート・デュ・ローヌ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

凝縮した果実味が鴨の旨味とマッチ。綺麗な酸味は鴨の脂を心地よく流してくれます。ワインのスパイシーな香りと山椒の風味も好相性。