今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

ブリのバルサミコ照り焼き
by 大橋 みちこ

おかずの定番「ブリ照り」。

タレの中にバルサミコ酢を忍ばせると、びっくりするくらいワインとの相性は良くなります。
その理由は、料理とワインの酸味同士が寄り添うから。

赤ワインと合わせてぜひお楽しみください!

ブリのバルサミコ照り焼き

材料

  • 【材料 2人分】
  • ブリ      2〜3切れ(約250g)
  • 塩       少々
  • 薄力粉     大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 小松菜     適量
  • 粗挽き黒胡椒  適量
  • [a]
  • 醤油      大さじ1と1/2
  • バルサミコ酢  大さじ1
  • 赤ワイン    大さじ1
  • みりん     大さじ1

作り方

タレを入れてからはブリは触らずスプーンでタレをかけながら煮るのがポイント。ブリが崩れるのを防げます。
STEP1
ブリは塩少々をふり、5〜10分おいて、ペーパータオルで出てきた水分をふきとってから薄力粉をまぶす。
STEP2
[a]の材料を混ぜておく。
STEP3
フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかける。ブリを盛る時に表になる方を下にして並べ、縁に立てかけたり、ブリ同士で支え合うような形でまず皮を1分焼いてから、表側になる面を1〜2分こんがりと焼き色がつくまで焼く。
STEP4
上下を返し、弱火にして蓋をして、さらに2分焼く。
STEP5
余計な油をペーパータオルで拭き取り、②を加えて中火で煮立たせる。
STEP6
少し火を弱めてフライパンを少し傾けスプーンでタレをすくい、上からかけながら2〜3分煮たら器に盛る。
STEP7
3〜4cmに切った小松菜を加えて、残ったタレを絡めながら炒め煮にし、器に盛る。全体に粗挽き黒胡椒をふる。

"ブリのバルサミコ照り焼き"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

ニューワールドのピノ・ノワールか、イタリアの海の近くで作られている重くない赤ワインがオススメ!
ピノ・ノワールだったら果実味しっかりめ。甘酸っぱい果実味が、バルサミコと醤油みりんの甘酸っぱい味付けと合います。
イタリアの海の近くの赤は、ミネラル感がブリの旨味を引き立てつつ、程よい酸味と果実のコクがタレとマッチ!

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com