今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

豚肉の紅茶煮

豚肉の紅茶煮

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず

紅茶で煮る煮豚。

「紅茶煮」とか「紅茶豚」とかいいますが、これが、ワインに本当によく合うんです。
中でも、赤ワイン、その中でもピノ・ノワール。
香りが似ているからなんですが、これこそ、マリアージュ、という感じ。

紅茶を使うことで、豚肉の臭みを消してくれて、良い香りが脂のおいしさを引き立ててくれます。

作っておけるので、ホームパーティーでもさっと出せるし、お持ちよりにもいいですよ♪

煮る時間は少しかかりますが、手順はとっても簡単!ぜひお試しください。

材料

【材料と作り方 4〜5人分】

豚肩ロース肉     約500g
紅茶のティーバッグ  5個
醤油         大さじ6
酢          大さじ3
みりん        大さじ3
赤ワイン       大さじ3

作り方

STEP1

豚肉は半分の大きさに切り、たこ糸でしばる。

1
STEP2

鍋に豚肉とひたるくらいの水、ティーバッグを入れて、火にかける。最初は中火で、煮立ったら弱火にして30〜35分、肉がやわらなかくなるまで煮る。途中、アクが出てくるのですくう。

2
STEP3

煮ている間にたれを作る。みりん、赤ワインを小鍋に入れて、一煮立ちさせアルコールをとばす。醤油と酢も加えてぐらっと煮たったら火をとめる。

3
STEP4

竹串を刺してみて、中まで火が通っているか確認する。

4
STEP5

バットやボウルにゆであがった豚肉を入れ、たれを絡める。冷めたらジップロックなどにいれて漬ける。食べるときは、肉を薄めにスライスし、漬けていたたれをかける。冷蔵庫で2〜3日は持ちます。

5

このレシピのコツ・ポイント

たこ糸でしばると太さが均一になるので、火の通り方も均一になって、全体的にしっとり仕上がります。豚肉を半分に切っているので時間も短くゆで上がります。
たれに赤ワインを使う事で、ワインとの相性はよりよくなるんですよ♪

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

これに合わせたいのは、程よく酸味のある赤ワイン。
中でも、ピノ・ノワールという品種にピッタリ!
ピノ・ノワールの特徴のひとつで、「紅茶」のような香りがある、というのがあります。似ているもの同士は合うんです!
酢の酸味もピノ・ノワールの酸味とこれ以上ないくらいマッチ!

例えばこんなワイン

ピノ・ノワール スブソルム

クロ・デ・フ

ピノ・ノワール スブソルム

  • カジュアルクラス
  • チリ / -
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ピノノワールの果実の華やかな香りや、紅茶のような香りが料理とマッチ。綺麗な酸味が、お肉の脂を心地よく流してくれます。

マールボロ アワテレ・ヴァレー ピノ・ノワール

ケーブルベイ・ヴィンヤーズ

マールボロ アワテレ・ヴァレー ピノ・ノワール

  • スーペリアクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

やわらかい果実味とジューシーなお肉がマッチ。ワインの酸味とたれの程よい酸味が心地よいマリアージュ。

ハンドクラフト ピノ・ノワール

デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ

ハンドクラフト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • アメリカ / カリフォルニア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのふくよかな果実味が、豚肉の旨みやジューシーさと合います。程よい酸味が、たれの酸味とマッチ。

ホーム・クリーク ピノ・ノワール

サザン・バンダリー・ワインズ

ホーム・クリーク ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのチャーミングな果実味は、醤油とみりんのコクのあるタレとの相性抜群。豚肉の脂や旨みとも、果実のコクがマッチ。紅茶の香りを引き立てます。

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・オー・ポワレ 赤

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・オー・ポワレ 赤

  • ラグジュアリークラス
  • フランス / ブルゴーニュ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの豊かなミネラル感やボリューム感は、豚肉の旨味とお互いに引き立て合います。紅茶の香りとワインの香りも相性がよく、タレの酸味とワインの酸味も心地よく溶けあいます。