今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

シーン別役立つワイン用語

シャンパーニュにまつわる基礎的な用語

『シャンパン』とも呼ばれるシャンパーニュは、スパークリングワインの中の揺ぎ無き女王的な存在。食事の1杯目にグラスで頼んだり、パーティーに登場すると、場も華やかになります。そんなシャンパーニュですが、いくつかの単語を知識として入れておくと、より世界が広がります。ここでは、基礎的な用語をいくつかご紹介いたします。

シャンパーニュとは? 

シャンパーニュは、フランスの北部、シャンパーニュ地方で生産されているスパークリングワインです。他の産地で造られたものは名乗る事が出来ません。シャンパーニュ地方でも、一部スパークリングワイン以外の普通のワインが生産されていますが、極めて少量です。

シャンパーニュは一度ワインを造ってから、そのワインに糖分と酵母を入れ、王冠で密閉したボトル内で二度目の醗酵を行い、その時発生する泡をワインの中へ閉じ込める事で、泡の含まれたワインになります。

二度、醗酵を行う事になる事から、その製法は『瓶内二次醗酵』と呼ばれたり、『シャンパーニュ方式』と呼ばれたりしています。


シャンパーニュに使われるブドウとタイプ

シャンパーニュは主に黒ブドウの『ピノ・ノワール』、『ムニエ』、白ブドウの『シャルドネ』のブレンド、もしくは単一品種で造られます。一般的に、ピノ・ノワールはワインにボディと力強さを与え、ムニエはしなやかさを与えます。また、シャルドネは繊細さと新鮮味を与えます。


↑黒ブドウ品種、ムニエ

シャルドネなどの白ブドウ品種だけで造られる事がありますが、そういったシャンパーニュは『ブラン・ド・ブラン』と呼ばれます。シャルドネの繊細さが強調され、すっきりとした味わいのものが多いです。

それに対し、黒ブドウ品種のピノ・ノワールとムニエのみから造られた白のシャンパーニュは『ブラン・ド・ノワール』と呼ばれます。比較的、ふくよかな、どっしりとしたスタイルのものが多いです。

また、シャンパーニュには白のほかに、ロゼもあります。

調合される様はシンフォニーに例えられます

シャンパーニュでは、いくつかの品種をブレンドして使う事が多いのですが、加えて、様々な違う区画のワイン、保存していた別の年のリザーブワインとブレンドされる事が多いです。

このようにブレンドする事を、『アッサンブラージュ』といい、ブランドの品質を安定させ、年による味わいのばらつきを最小限にする事が出来ます。日本語に置き換えると、『調合』という単語がぴったりです。

シャンパーニュは基本的にはヴィンテージが無い 

この収穫年の違うワインがブレンドされたものは『ノン・ヴィンテージ』と呼ばれます。多くのシャンパーニュは、このスタイルです。

それに対し、単一年のブドウだけで造られたものは、『ミレジム』と呼ばれます。

ミレジムは造っている生産者でも、毎年作造る訳では無く、出来の良かった年や、特徴的なスタイルな年にのみ造られる希少なものです。価格もノン・ヴィンテージより上な事が多いです。

造り手の渾身の1本、プレステージ・キュヴェ

各生産者、いくつかの種類を生産していますが、その中で彼らのとっておきの上質の1本を『プレステージ・キュヴェ』と呼びます。彼らの畑の中で最も優れた区画から造られたワインや、他よりも長く寝かされたワインがブレンドされていたり、特別な個性のある区画のブドウのみから造られた1本だったりします。

『プレステージ・キュヴェ』と名乗るのに規定はありませんが、スタンダードなものより熟成されていたり、よりどっしりとしたスタイルの味わいである事が多いです。

商品名としては、『キュヴェ・プレステージ』と記載される事も多いです。


↑区画によってブドウの出来に違いがある

『ブラン・ド・ブラン』や『キュヴェ・プレステージ』など、今度シャンパーニュを探しに行った時に見つけてみてくださいね。