今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

簡単レシピ!サバトマト缶のバゲットグラタン

簡単レシピ!サバトマト缶のバゲットグラタン
缶詰を使った簡単おつまみレシピ。サバのトマト煮缶を使ったトースターだけでできる簡単グラタン。バゲットがソースを吸って、缶詰を余すところなく楽しめます。

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 赤ワインに合う 魚介のおかず

こんにちは。
昨日、一昨日に続き、缶詰を使った超簡単おつまみのご紹介!

サバをトマト煮にした缶詰は、ソースもおいしいので、残さず使いたい!
バゲットを一口大に切って耐熱皿に並べて、その上からソースを具材をのせてトースターで焼いてグラタンに。
トマトソースがバゲットに染み込んで、ソースまで無駄なく楽しむことができます。
バゲットはカリッとした食感と、ソースが染みたしっとりした食感と2種類の食感を楽しむことができて、美味しい。マカロニと違ってゆでる手間がいらないので、とっても簡単!
忙しい時のおつまみにも便利なレシピです!

材料

【材料 1〜2人分】

サバトマト缶   1缶
バゲット     2cmの厚さのものを2〜3切れ
パン粉      大さじ1
粉チーズ     大さじ1
パセリ      適量

材料写真1

作り方

STEP1

バゲットは一口大に切り、耐熱皿に並べる。

1
STEP2

サバトマト缶を①の上にまんべんなくのせる。

2
STEP3

②の上に、パン粉、粉チーズ、刻んだパセリをのせる。

3
STEP4

トースターでこんがりと焼き色がつくくらいまで焼く。

4

このレシピのコツ・ポイント

今回はパン粉とパルメザンチーズを使いましたが、ピザ用チーズでとろ〜っととろける仕上がりでも美味しいですよ!
バゲットではなく、食パンを一口大に切って使ってもOK!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、コクのある白ワインか、ライト〜ミディアムボディの赤ワイン。
サバの旨みやトマトソースの味がしっかりしているので、白ワインで合わせる場合は、しっかりとコクがあるものが合います。
赤ワインの場合は、サバの味に勝ちすぎてしまわないような重くないものがオススメ。トマトの酸味や甘みがワインとの相性をよくしてくれます。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ジューシーな果実味は、サバの旨みやトマトソースのコクとマッチ。ワインの程よい酸味がトマトの酸味と心地よいマリアージュ。

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

ドメーヌ・ポール・マス

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

上品でチャーミングな果実味は、サバの旨みやトマトソースの甘みを引き立ててくれます。しなやかな酸味がトマトの酸味とマッチして美味しいマリアージュ。

タマヤ シャルドネ レセルバ

ビーニャ・カサ・タマヤ

タマヤ シャルドネ レセルバ

  • カジュアルクラス
  • チリ / コキンボ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ふくよかでボリューム感のある果実味は、サバの濃厚な旨みやトマトソースのコクとマッチ。程よい酸味は、トマトの酸味と相性がよく、ボリューム感も合います。

イル・プーモ プリミティーヴォ

サン・マルツァーノ

イル・プーモ プリミティーヴォ

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ジューシーでまろやかな果実味は、サバの旨みやトマトソースのコクと相性ピッタリ。ワインの程よい酸味がトマトの酸味と心地よく合います。

ムスケン

アジィエンダ・アグリコーラ・セルヴァグロッサ

ムスケン

  • カジュアルクラス
  • イタリア / マルケ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのジューシーな果実味は、トマトソースの甘みやサバの旨みと好相性。トマトの酸味とワインの酸味も心地よいマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。