今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

鶏の冷製ハーブ蒸し

鶏の冷製ハーブ蒸し
ハーブたっぷり!見た目もオシャレな冷前菜!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う お肉のおかず

ハーブをたっぷり使った鶏肉レシピをご紹介。深めのお鍋やフライパンを使って蒸してもいいし、レンジでチンでもできちゃいます。
爽やかな味わいで、爽やかな白ワインと相性抜群です。

材料

【材料 3〜4人分】

鶏もも肉   1枚(約350g)
塩      小さじ3/4
胡椒     少々
タイム    2〜3本
(乾燥タイム 小さじ1でもOK)
ローズマリー 1〜2本
(乾燥ローズマリー 小さじ1/2でもOK)
セロリの葉  適量(あれば)
ディル    4〜5本
チャービル  適量
(イタリアンパセリでも)

材料写真1

作り方

STEP1

鶏もも肉の皮がついていない側にフォークで数カ所穴を開け、両面に塩胡椒をすりこみ、白ワイン、タイムとローズマリーと一緒にビニール袋に入れて、30分冷蔵庫に置く。

1
STEP2

深めのフライパンなどに高さが出るような網を置いて、①の鶏肉をハーブと一緒に耐熱皿に入れたものを置き、弱目の中火で25分蒸す。セロリの葉があれば、蒸す時の水に入れておく(レンジでもOK。耐熱の器に鶏肉を皮を下にして置き、つけ汁とハーブも加えてラップをして、600wのレンジで3分、上下を返してさらに3分加熱する。そのままレンジの中に5分程置いておく。この場合はセロリは使わない)。

2
STEP3

蒸し汁ごとタッパーやジップロックに入れて冷蔵庫で冷やす。そうすると蒸し汁がプルプルのゼリー状になる。

3
STEP4

鶏肉をスライスし、ゼリー状の蒸し汁と一緒に並べる。上にたっぷりのハーブを盛る(今回はディルとチャービルを使用。イタリアンパセリを使ってもいい)。

4

このレシピのコツ・ポイント

蒸す時と、できてからとダブルでハーブを使うことで、香りがとても豊かになります。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口の白ワイン。特に、料理にたっぷりと使っているハーブの香りに合わせて、品種はソーヴィニヨン・ブランがオススメです。

例えばこんなワイン

シャトー・ボネ 白

シャトー・ボネ

シャトー・ボネ 白

  • カジュアルクラス
  • フランス / ボルドー
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュで爽快な香りが、ハーブの香りとマッチ。キレのいい酸味は、鶏肉の脂をきれいに流してくれて心地よいマリアージュ。

シャトー・トゥール・ド・ミランボー レゼルヴ 白

シャトー・トゥール・ド・ミランボー

シャトー・トゥール・ド・ミランボー レゼルヴ 白

  • カジュアルクラス
  • フランス / ボルドー
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

爽快なハーブ香が料理のハーブと相性抜群。鶏モモ肉のボリューム感は果実のコクとマッチ。冷製なので、冷やしたワインとの相性もピッタリです。

フェアヴュー ソーヴィニヨン・ブラン

フェアヴュー

フェアヴュー ソーヴィニヨン・ブラン

  • カジュアルクラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ソーヴィニヨン・ブランならではの清涼感が、ハーブの香りと好相性。果実のコクは鶏もも肉のボリューム感や脂ともマッチし、美味しいマリアージュ。

ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン

サザン・バンダリー・ワインズ

ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

生き生きとした酸味や爽快な香りが、ハーブの風味とマッチ。フルーティーな果実味は、鳥もも肉の旨みとも好相性です。

シングルヴィンヤード レイダ・ヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ

ビーニャ・バルディビエソ

シングルヴィンヤード レイダ・ヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ

  • カジュアルクラス
  • チリ / アコンカグア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ソーヴィニヨン・ブランらしい爽快な香りがハーブの香りとマッチしつつ、みずみずしくコクのある果実味は鶏肉のボリューム感とも合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。