今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

おすすめワイン&レシピ

「きのこ」のおつまみでワインを飲もう!【2021】

「きのこ」のおつまみでワインを飲もう!【2021】

香り立つきのこのおつまみレシピ

赤ワイン 白ワイン 季節・シーン レシピ おすすめレシピ
by 大橋 みちこ
秋の味覚、「きのこ」が旬を迎えています。

菌の活動が活発になる12月までは、天然ものに限らず、菌床栽培のものも、旨みや味わいが格段にアップするそうです。スーパーに並ぶ種類も増えるので、様々なタイプのワインに合わせて、旬のきのこを楽しみませんか?

多めのオリーブオイル、塩、ニンニクで好みのきのこをゆっくりゆっくり弱火でソテーして、きのこの香りと旨みを堪能するなら、熟成したワインを合わせてみてください。若いうちからいろいろな香りの要素があるワインがゆっくりと熟成した場合に、きのこのような香りが現れるので、きのこの風味とのハーモニーが楽しめます。

きのこと合わせる食材や調味料によって、合わせるワインは変わってきますが、ご自宅で簡単に作れる一般的な3つのきのこ料理にワインを合わせるなら、こんな風にワインを選んでみてはいかがでしょう。

きのこを香り立つまでじっくり焼いて、オイルとビネガーやレモン汁で和えたマリネには、料理の酸味にポイントを合わせて、豊かな果実味を酸味がしっかりと支えるスッキリ系の辛口白ワインと。

クリーム系の料理に仕上げるなら、クリームの滑らかな質感に合わせて、樽を効かせたコクのある辛口白ワインと。

バター醤油で仕上げるなら、香ばしい香りとコクにポイントを合わせて、酸味とタンニンが程よいミディアムボディの赤ワイン、もしくは、クリーム系の料理に合わせたワインと同じ樽を効かせたコクのある辛口白ワインと。


キノコの香り、旨みをワインに合わせて存分に楽しむレシピを5つご紹介します。

作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com