今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

カリカリ味噌バターポテト

カリカリ味噌バターポテト

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず

じゃがいも好きな方に絶対食べてほしいおつまみ。

じゃがいもといったら、ジャガバター。
じゃがバターといったら、北海道。
北海道といったら味噌ラーメン。
味噌ラーメンといったらバター。

ということは、じゃがいもと味噌とバターも合う!?

まわりはカリカリ、中はしっとり!!
香ばしい味噌バターの風味がたまらない。

ビールに最高!ワインにも最高!!

材料

【材料 2人分】

じゃがいも    約150g
 (大きめなら1個、小さめなら2個くらい)
サラダ油     大さじ1
味噌       小さじ2
バター      15g
胡椒       たっぷり

材料写真1

作り方

STEP1

バターは室温に戻し、味噌と混ぜる。

1
STEP2

じゃがいもは洗って、皮ごとラップで包み、レンジでやわらかくなるまで加熱する(600wで4分半〜5分くらい。水からゆでてもいい。)。温かいうちに皮をむき、1cmの厚さに切る。

2
STEP3

フライパンにサラダ油を熱し、じゃがいもを並べ入れ、中火で両面をこんがりと焼く。

3
STEP4

いい焼き色がついたら、弱火にし、①の味噌バターを入れ、絡めながら焼く。味噌がこんがりと焼けてきたら火を止め、胡椒をふる。

4

このレシピのコツ・ポイント

フライパンで味噌とバターを焼くことで、ダブルの香ばしい香り。絶対おいしい、そう思う香りです。味噌のこういう使い方もアリですよ。
ジャガイモは最初にやわらかくなるまで火を通すことで、味噌が焦げたのに、ジャガイモが固い、という失敗がなくなります。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

酸味がやわらかい、ジューシーな果実味のある赤ワインがオススメ。
メルローでもシラーでも、モンテプルチアーノやネロダーヴォラでも、ふくよかな果実の味わいがあるミディアムボディだったら合います。味噌バターのコクとワインの果実味がマッチ。

例えばこんなワイン

オーロ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

テッレ・デル・コルノ

オーロ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

  • デイリークラス
  • イタリア / アブルッツォ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ジューシーでやわらかい甘みのこのワイン。味噌のコクやバターの風味とピッタリ。じゃがいもの甘さとワインの果実感もとってもよく合います。

バルディビエソ メルロー

ビーニャ・バルディビエソ

バルディビエソ メルロー

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

滑らかな口当たりでジューシーな果実味が、味噌バターのコクとマッチ。程よいボリューム感で、ジャガイモの甘みを引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン好きの料理研究家。日々、日本の食材、旬の食材でワインに合うおつまみレシピを考案。
定番ものから、え!?これがワインに!?というものまで家で簡単にできるおつまみをご紹介します。

口コミ

味噌とバター!?ありそうで今までなかった組み合わせですね。
2014/12/15by dadaidama