今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

れんこんとアンチョビのガレット

れんこんとアンチョビのガレット
サクサク&もちもち食感。レンコンの優しい甘みとアンチョビの塩気が最高。

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず

れんこんを使った白ワインにピッタリのおつまみをご紹介!
すりおろしと角切りのれんこんに、アンチョビと山椒を混ぜてフライパンで焼くと、まわりはカリカリ、中はもちもち&サクサク。
食感の違いや、アンチョビの塩気、山椒の刺激がアクセントになって、パクパク進んでしまいます。
具材は色々アレンジ可能なので、お好みのガレット作ってみてください!

材料

【材料 2〜3人分(約10枚分)】

レンコン     280g
薄力粉      大さじ5
アンチョビ    6枚(15g)
実山椒の塩漬け  小さじ1強
(なければ佃煮や山椒粉でもOK。)
塩        小さじ1/6
オリーブオイル  適量

材料写真1

作り方

STEP1

レンコンは1/3を残してすりおろし、1/3は4mm角に切る。水気は絞らずボウルに入れる。

1
STEP2

アンチョビは粗く刻み、①のボウルに入れる。

2
STEP3

実山椒も粗く刻み、①のボウルに入れる。

3
STEP4

更に薄力粉と塩を加えて混ぜる。

4
STEP5

フライパンを弱めの中火にかけオリーブオイルを熱し、④を一口サイズに広げて焼く。

5
STEP6

こんがりと焼き色がついたら、裏も同様に焼く。

6

このレシピのコツ・ポイント

れんこんは半分すりおろし、半分角切りにすることで、もちもち&サクサクのふたつの食感を楽しむことができます。
具はお好みのものなんでもOK。チーズやドライトマト、ケッパー、バジルなど色々試してみてください!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口の白ワイン。れんこんの優しい甘みが引き立つように、あまり重くないものを。果実の甘みがあるものだと、れんこんの甘みと寄り添って心地よいマリアージュに。

例えばこんなワイン

甲州テロワール・セレクション 祝

勝沼醸造株式会社

甲州テロワール・セレクション 祝

  • カジュアルクラス
  • 日本 / 山梨県
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

果実の優しい甘みや、やわらかい酸味はれんこんの甘みと相性抜群。山椒の刺激も優しく包み込む、心地よいマリアージュ。

コッリ・ペルジーニ シャルドネ

カンティーナ・ゴレッティ

コッリ・ペルジーニ シャルドネ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / ウンブリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのふくよかで優しい甘みのある果実味が、れんこんの甘みとマッチ。アンチョビの塩気や山椒の刺激もまろやかに包み込みます。

アルタ シャルドネ/トロンテス

ボデガス・カリア

アルタ シャルドネ/トロンテス

  • デイリークラス
  • アルゼンチン / サン・ファン
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの華やかな香りややわらかい甘みが、れんこんの甘みとマッチ。アンチョビの塩気も優しく包み込み、素材の味わいを引き立てます。

ケープ・ハイツ ヴィオニエ

ブティノ

ケープ・ハイツ ヴィオニエ

  • デイリークラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

やわらかく優しい果実の甘みは、れんこんの甘みと相性抜群。アンチョビの塩気や山椒の刺激ともマッチし、心地よいマリアージュ。

ソアーヴェ オーガニック

カーサ・ヴィニコラ・サルトーリ

ソアーヴェ オーガニック

  • デイリークラス
  • イタリア / ヴェネト
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの優しい果実感や、柔らかい酸味はれんこんの甘みと好相性。山椒のピリッとした刺激も優しく包み込む、心地よいマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。