今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

鮭のウスターバタームニエル
by 大橋 みちこ

バター醤油はよくあるけれど、バターとウスターソースのコンビも絶品!
ウスターソースの酸味、旨味、甘味、スパイシーさを活かして、簡単なのにコクのある味わいに仕上げます。

鮭のウスターバタームニエル

材料

  • 【材料 2人分】
  • 秋鮭       2切れ
  • 塩        小さじ1/8くらい
  • 薄力粉      小さじ2くらい
  • バター      10g + 5g
  • 白ワイン     大さじ1
  • ウスターソース  小さじ2
  • 胡椒       適量
  • 添える野菜    お好みで
  • (今回はベビーリーフ、ブロッコリー、じゃがいも、きのこを使用)

作り方

バターを2回に分けるのがポイント!前半のバターでカリッと香ばしく焼きつつ、後半のバターでとろみがついてソースが絡みやすくなります。
STEP1
鮭に塩をふり、5分置いて出てきた水分をペーパータオルでふきとる。
STEP2
①の鮭に薄力粉をまぶす。
STEP3
フライパンにバター10gを入れ中火にかける。バターが溶けて小さな泡がふつふつしてきたら鮭を並べ(盛る時に上にしたい面を下にする)、中火でこんがり焼き色がつくまで焼く。
STEP4
上下を返し、白ワインを加えて大きくグツグツしたら蓋をして弱火で3分蒸し焼きにする。
STEP5
バター5gとウスターソースをはじに入れて混ぜ溶かし、鮭に絡める(何度も裏返すと鮭が崩れることがあるので、スプーンでソースをすくってかけると良い)。
器に盛り、胡椒を振って、お好みの野菜を添える。
*今回添えたのは、ベビーリーフと茹でたブロッコリー。
じゃがいもは蒸したのを厚めに切って、鮭を焼いた後のフライパンで残ったソースを絡めながら焼きました。
しいたけと舞茸はバターで炒めて、塩胡椒で味付け。

"鮭のウスターバタームニエル"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

旨味のある辛口ロゼワインがオススメ!
鮭の色に合わせます。鮭の味わいの強さだと、白ワインでは少し物足りなく、赤だとワインが強すぎてしまうことも。
海の近くの産地のものだと、ミネラル感が豊かなものが多いので相性がいいことが多いです。
ウスターソースの酸味や甘味とワインの酸味、果実味もとてもよくマッチします。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com