今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

「たけのこごはん」ワインに合うおつまみレシピ

「たけのこごはん」ワインに合うおつまみレシピ
旬のたけのこを使った「たけのこごはん」。お鍋でも簡単に炊けるし、炊飯器でもOK。味しっかりめのワインに合うレシピのご紹介です!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う ごはんもの

たけのこが美味しい季節になりましたね!

春の象徴といえば「桜」と「たけのこご飯」。
たけのこの香りや甘みが最高。だしが染み込んだご飯も最高。
炊きたても美味しいし、ちょっと冷めてからも美味しい。
桜を見ると春だな〜と思いますが、それと同じくらい「たけのこご飯」を食べると春を感じます。

たけのこごはんのレシピは色々試してきましたが、一番美味しくてお酒に合うと思ったレシピをご紹介します。

お酒に合うように、味はしっかりめです♪
白ワインに合いますよ☆

材料

【材料 4〜5人分】

米       2合
だし      400cc
(お好みで。今回はかつおだしを使用。)
木の芽     適量(あれば)
たけのこ    200g(水煮)
[たけのこ下味用]
  薄口醤油   大さじ1(白醤油でも)
  酒か白ワイン 大さじ1/2
[ごはん用]
  淡口醬油   大さじ1(白醤油でも)
  塩      小さじ2/3
  酒か白ワイン 大さじ2

作り方

STEP1

お米を研いで鍋に入れて30分だしに浸しておく。

1
STEP2

たけのこを食べやすい大きさ、薄さに切り、ビニール袋に入れて、下味用の薄口醤油と酒(白ワイン)も加えてまぶす。

2
STEP3

①の鍋に、ごはん用の淡口醬油と塩と酒(白ワイン)を混ぜ、上に②のたけのこを汁ごとのせる。

3
 

蓋をして中火で7分、一瞬ふたをあけて一混ぜし、極弱火に10分かける。10秒間だけ火を強めてから、火を止め10分むらす。 炊けたら、お茶碗に盛り、お好みで木の芽を散らす。

4

このレシピのコツ・ポイント

炊飯器で炊く時は、米を入れて目盛りまでだしを入れ、そこから大さじ4の分のだしを減らして、調味料を加えて普通に炊いてください!
木の芽はあれば、ぜひ使って下さいね。爽やかな香りと繊細な刺激が、たけのこごはんの味わいを更においしくしてくれますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、優しい味わいの辛口白ワイン。だしやたけのこの繊細な風味を活かす為に、ワイン自体も優しめな味のものを選んだ方が合います。赤ワインだと、料理の味が負けてしまうので、白ワインの方がおすすめ。重くなければなんでも合いますが、グリューナー・ヴェルトリーナーやシュナン・ブランなどの優しい味わいの品種が特におすすめです。

例えばこんなワイン

グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルク

ヴァイングート・ベルンハルト・オット

グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルク

  • カジュアルクラス
  • オーストリア / ニーダーエステルライヒ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

やわらかい果実味や程よい酸味は、たけのこの甘みや香りを引き立ててくれます。全体的に優しい味わいで、だしの旨みともマッチ。

ソミュール キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール 白

ドメーヌ・デ・ギュイヨン

ソミュール キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール 白

  • カジュアルクラス
  • フランス / ロワール
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

白桃やマスカットなどの優しい果実の香りや甘みは、だしの風味やたけのこの甘みと相性抜群!柔らかい酸味が全体の味わいを優しく包み込みます。

オーカ シュナン・ブラン

マン・ヴィントナーズ

オーカ シュナン・ブラン

  • デイリークラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フルーツの優しい甘みが、たけのこの甘みとマッチ。酸味もほどよく、だしの旨みやたけのこの香りを引き立ててくれます。

レ・タンヌ オクシタン シャルドネ

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オクシタン シャルドネ

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュで程よい果実のコクは、だしの旨みやたけのこの爽やかな甘みと相性ピッタリ。ワインのボリューム感が料理のボリューム感と合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。