今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

鮭のバター醤油ムニエル

鮭のバター醤油ムニエル
カリッと焼いた鮭に焦がしバター醤油の風味は抜群の相性。シンプルだけどワインと抜群に合う!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う ロゼに合う 魚介のおかず

今日は、「鮭のムニエル」のレシピをご紹介。

鮭に小麦粉をふってカリッと焼いて、焦がしバター醤油を絡めます。
鮭の旨みと、バター醤油のコクは抜群の相性。
鮭の焼き目と焦がし醤油の香ばしさが食欲をそそります。

シンプルでとっても簡単だけどワインにピッタリの美味しいおつまみです。

材料

【材料 2人分】
秋鮭       2切れ
小麦粉      大さじ2
醤油       大さじ1
ワイン      大さじ3(白かロゼ)
バター      15g
オリーブオイル  大さじ1
塩        ふたつまみ
胡椒       適量
添える野菜    適量
(今回はクレソンを使用)

材料写真1

作り方

STEP1

鮭に塩をふり、5分置いて出てきた水分をペーパータオルでふきとる。小麦粉をまぶす。

1
STEP2

フライパンにオリーブオイルを熱し、鮭の皮面を下にして並べ、弱めの中火で焼く。いい焼き色が付き、上の方まで白っぽく火が通ったら、裏返して、弱火でじっくり中まで焼く。一旦取り出す。

2
STEP3

フライパンをペーパータオルでさっとふき、醤油、ワイン、バターを入れて弱火にかける。少し煮詰まったら鮭を戻し入れて絡める。

3

このレシピのコツ・ポイント

鮭に小麦粉をまぶして焼くのがポイント。こうすることでカリッと焼けるし、バター醤油の味もしっかりと絡みます。胡椒をガリッときかせてアクセントにしてくださいね。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口ロゼワイン。バター醤油のコクはロゼワインの果実のコクとマッチ。こんがり焼いた鮭の風味もロゼワインと合います。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ ロザート

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ ロザート

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの果実味が、鮭の旨みやバター醤油のコクとマッチ。フレッシュな酸味は油をさらっと流してくれて心地よいマリアージュに。

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

シャトー・ド・ロムラード

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

  • カジュアルクラス
  • フランス / プロヴァンス
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの果実味やミネラル感が、鮭の旨みを引き立てます。バター醤油のコクとも相性抜群。すっきりとした酸味が後味をさっぱりとさせてくれます。

フェウド・アランチョ グリッロ

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ グリッロ

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのふくよかさや旨みは、バター醤油が絡んだ鮭の濃厚な旨みとマッチ。ボリューム感も程よく、料理を引き立てます。

フェウド・アランチョ インツォリア

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ インツォリア

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

キリッとしたワインの酸味は、バターのコクを心地よく流してくれ、さっぱりとしたマリアージュに。旨みも豊かなワインなので、鮭の旨みとも合います。

ナイロア

ボデガス・ナイロア

ナイロア

  • デイリークラス
  • スペイン / ガリシア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュな酸味はバター醤油の風味を引き立てます。豊かなミネラル感が特徴のワインで、鮭の旨みと好相性です。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。

口コミ

最後にワインなどを入れて絡めるんですねー!鮭のムニエルとロゼ、これなら簡単に出来そうだし、やってみます
2016/09/05by イマジュン☆