今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

米ナス田楽 バジル味噌
by 大橋 みちこ

米ナスの定番料理「味噌田楽」をワインにぴったりのおつまみにアレンジ!

米ナス田楽 バジル味噌

材料

  • 【材料(1個分)】
  • 米ナス     1個
  • ミョウガ    1個
  • ピーナッツ   10g
  • バジル     トッピング用に数枚
  • 糸唐辛子    少々
  • (バジル味噌)
  • 味噌      大さじ2
  • 砂糖      小さじ2
  • バルサミコ酢  小さじ2
  • 赤ワイン    小さじ2
  • 水       大さじ2
  • おろし生姜   5g
  • バジル     5g
  • (目安6cmくらいの葉っぱが20枚くらい)
  • 粗びき黒胡椒  少々

作り方

分量のバジル、多すぎるように見えますが、このくらい入れるからこそ爽やかで美味しい味噌が出来上がります。躊躇せずたっぷり入れて!
バジル味噌を作る。バジルはみじん切りにする。
フライパンか鍋に、バジル味噌のバジル以外の材料をいれて弱火にかける。グツグツっとしてきたら、バジルと胡椒を加え約3分煮る。とろっとしたら器に取り出しておく。
ミョウガはみじん切りにする。ピーナッツは粗く刻む。
揚げ油を180度に熱する。
米ナスはヘタの周りにぐるっと包丁を入れて、周りを取り除く。縦半分に切り、断面を上にして、皮の内側に包丁で切り込みを入れ、さらに格子状に切れ目を入れる(皮まで切らない)。
油の温度が180度になったら(箸を入れて、すぐに泡立つくらい)皮側を下にして鍋に入れ揚げる。途中で返して皮を上にしてあげる。しっかりと火が通ったら油をきる。
ナスに味噌を塗り、ミョウガ、ピーナッツ、バジルの葉を散らす。

"米ナス田楽 バジル味噌"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

 濃厚な料理かつ味噌が甘めなので、それに合わせて、果実の凝縮感があり甘味も感じる赤ワインが合います。南イタリアや南仏、ニューワールドなど温かい地域のジューシーなミディアムボディが特にオススメ。

例えばこんなワイン

トレ・グラッポリ コンティ・ゼッカトレ・グラッポリ コンティ・ゼッカ
アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ
トレ・グラッポリ コンティ・ゼッカ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
南イタリアの暖かな気候を思わせるジューシーな味わい。たっぷりの果実味がバジル味噌の爽やかで心地よい甘さと抜群に合います。
ストーン・ヴァレー レッド・ブレンドストーン・ヴァレー レッド・ブレンド
アイアンストーン・ヴィンヤーズ
ストーン・ヴァレー レッド・ブレンド
  • 国旗
  • デイリークラス
  • アメリカ / カリフォルニア
  • フルボディ
  • スティルワイン
ワインの豊かな果実味はジューシーなナスの風味とマッチ。また、ワインのハーブやスパイスの香りは、バジル味噌の清々しさや胡椒の風味とも好相性。
デル・スール メルロー レセルバデル・スール メルロー レセルバ
ビカール
デル・スール メルロー レセルバ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • フルボディ
  • スティルワイン
ワインの完熟果実風味が、味噌の甘みやジューシーなナスの風味と好相性。また、ワインの柔らかい味わいも料理と全体の印象とマッチ。
イル・プーモ ネグロアマーロイル・プーモ ネグロアマーロ
サン・マルツァーノ
イル・プーモ ネグロアマーロ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
ワインの柔らかくジューシーな果実味が、味噌の甘みやナスのトロッととろける質感とマッチ。ワインにハーブやスパイスの香りもあり、バジルや胡椒とも好相性。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com